スポンサーリンク

自然の中の花科名ーナ行

ケストルム・エレガンス、ギンパイソウ(銀盃草)、クコ(杞拘)ーナス科

ケストルム・エレガンス

ケストルム・エレガンスは、ナス科・キチョウジ属でメキシコ原産の高さは1~2mくらいになる、常緑低木で-5℃程度まで耐えますが寒さに弱く、やや垂れ下がり気味の伸びた枝の先に長さ3~5cmの筒状の赤紫色の花が美しい熱帯植物です。

ギンパイソウ(銀盃草)はナス科・アマモドキ属(ニーレンベルギア属)で、メキシコ~南アメリカ原産の葉はへら状の小さな多年草ですが、花は広い釣鐘形で花径4cmぐらい、夏になると乳白色の花を次々と咲かせ、マット状になるのでグランドカバーとしても使える素敵な植物です。

クコ(杞拘)はナス科・クコ属で、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮半島、中国、台湾の日当たりのよい原野、海岸、川辺の土手、林縁、道端などに多くみられ、乾燥した果実は強壮、解熱に使われますが、果実酒としても好まれます。

あまり似てているようには見えませんが、ナス科の共通点を持ったような植物です。

上のケストルム・エレガンスは2004年1月9日にとちぎ花センターで撮影したものです。

スポンサーリンク

ケストルム・エレガンスの特徴

         
和名ベニチョウジ(紅丁子)
別名ケストルム・エレガンス
学名Cestrum elegans
科名・属名ナス科 キチョウジ属
分布メキシコ原産
花期初夏
特徴

メキシコ原産の常緑低木。-5℃程度まで耐えます。

高さは1~2mくらいになり、枝は垂れ下がり、葉は被針形で、長さ10~15cmで綿毛に被われます。

やや垂れ下がり気味の伸びた枝の先に長さ3~5cmの筒状の赤紫色の花が総状に咲きます。私が写したのは光線のためか色が違って見えます。

花後に球状の濃い赤色の実をつけます。

花の時期に熱帯植物園で見ましたが、実は写真で見ただけですが、ナス科の植物のような実のようです。

ギンパイソウ(銀盃草)の特徴

ギンパイソウ

ギンパイソウ(銀盃草) 2004年8月22日 撮影 日光植物園

         
和名ギンパイソウ(銀盃草)
別名ニーレンベルギア・レペンス
学名Nierembergia rivularis
科名・属名ナス科 アマモドキ属(ニーレンベルギア属)
分布メキシコ~南アメリカ
花期6~8月
特徴と育て方

小さな多年草で葉はへら状。

花は広い釣鐘形で花径4cmぐらい、夏になると乳白色の花を次々と咲かせます。

茎は地面を這うように広がります。

夏の高温乾燥に弱くやや湿った所を好みます。

レペンス種は暑さと強光線にあまり強くなく、風通しがよい日陰~半日陰の場所を好みます。

耐寒性はありますが、直接寒風に当たったり霜が降りる心配のあるところでは、簡単な霜よけを行うようにします。

酸性用土を嫌うので、植えつける10日くらい前に苦土石灰を入れます。鉢植えの用土は赤玉土に腐葉土、バーミキュライトの混合用土を使います。

レペンス種は肥料をあまり必要としないので、3月と10月に化成肥料を少量株元に施します。

株分け挿し芽、種まき殖やします。

クコ(杞拘)の特徴

クコ

クコ(杞拘) 2003年9月14日 撮影 日光植物園

         
和名クコ(杞拘)
学名Lycium chinense
科名・属名ナス科 クコ属
分布本州、四国、九州、沖縄、朝鮮半島、中国、台湾
花期7~11月
特徴

高さ1~2mの落葉低木。

葉は互生し短枝の先に束生状につくことが多く、葉身は長さ2~4cmの楕円形~披針形。先端は鋭く、基部は葉柄に流れます。縁は全縁。両面とも無毛。

短枝の葉腋に淡紫色の花が1~3個つき、花冠は長さ約1cmの漏斗状で、上部は5裂。

果実は長さ約1cmの楕円形。晩夏から初冬にかけて赤く熟します。

日当たりのよい原野、海岸、川辺の土手、林縁、道端などに多く、果実は果実酒にします。

乾燥した果実は強壮、解熱に使われます。

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-自然の中の花科名ーナ行
-