山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然野中の花科名ーカ行

グンネラ・マニカタ(Gunnera manicata)の特徴

グンネラ・マニカタ

グンネラ・マニカタ(Gunnera manicata)は、グンネラ科・グンネラ属の植物、人が隠れるくらい大きな葉が茂っていて、日光植物園で始めて見た時には驚きました。

日光植物園では、1990年の大阪「花と緑の博覧会」で「巨大植物グンネラ」として出品紹介されたものを寄贈されたということですが、現在は育てている方もいるようで苗が出回っており、鉢植えでも育つということを知り驚きました。

場所があり、興味のある方は育てて見ても面白いのではないかと思います。

上のグンネラ・マニカタ(Gunnera manicata)は、2005年5月31日に日光植物園で撮影したものです。

スポンサーリンク

グンネラ・マニカタ(Gunnera manicata)の特徴

グンネラ・マニカタ

グンネラ・マニカタ(Gunnera manicata) 2004年5月29日 撮影 日光植物園

         
和名 グンネラ・マニカタ(Gunnera manicata)
学名 Gunnera manicata
科名・属名 グンネラ科 グンネラ属
分布 ブラジル南部
花期 5月~7月
特徴

高さが 2m以上にもなる草本で、1990年の大阪「花と緑の博覧会」で「巨大植物グンネラ」として出品紹介され、その後サントリーで栽培されていたものを日光植物園に寄贈されたと書いてありました。

耐寒性は-5℃ほどですが、寒冷地でも冬の落葉後、 ワラなど通気性の良いものを厚めに掛けて越冬させることが出来るようです。 日光植物園では何度か見ましたが、同じ場所で咲いていたので、寒さ保護をしているのかも知れません。

葉は鉢に見合ったサイズまでしか大きくならないので、植え替えを行いながら最終的に12号程度の鉢で止めると葉も1m以内で収まるようですが、水を切らさないことが大切です。

深めの受け皿などで、腰水栽培をするとよいようです。冬の落葉期はそれほどの水は必要ないようですが、あまり乾燥させない方が良いようです。

5月から6月に、チッ素、リン酸、カリの三要素が等量含まれる肥料を、1回置き肥すれば良いようです。

熱帯の植物はほとんどが、赤玉土小粒に腐葉土を3割くらい混ぜて使うようです。

興味のある方は育ててみると面白いかもしれません。


山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然野中の花科名ーカ行

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.