ヒナソウ(雛草)

アカネ科 ヒナソウ属  学名 Houstonia caerulea

ヒナソウ(雛草)

2005.05.31 撮影  日光植物園






別名: トキワナズナ
分布: 北アメリカ
花期: 4〜5月 
特徴: 高盆形の4裂した可愛い花が小花柄の上に単生するが、株全体としては多数の花が咲く。
花色は白または青で、中心部が黄色。
草丈は10cm前後で、地下に匍匐枝を持って広がる。
性質は強健で、帰化植物になっている。
自生地は湿った草原や岩の傾斜地等。

山野草を育てるNori&Wako のトップへ