山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

早春の花・山野草の育て方

ヒナザクラ(雛桜)の育て方|月山、蔵王芝草平のヒナザクラ

ヒナザクラ

ヒナザクラ(雛桜)は、東北地方の亜高山以上に自生する日本固有の高山植物です。雪田の雪どけ水が流れるような場所や湿った草地などで見ることが出来ます。

私は東北地方に住んでいたことがあるので、毎年のようにヒナザクラを見るために栗駒山や、月山などに登りました。

また、関東地方に越してきてからも数回月山に登り、大好きなヒナザクラにあってきました。その花を下に載せています。

上のヒナザクラ(雛桜)は、自宅で2005年6月20日に撮影した種から育てた花です。

スポンサーリンク

ヒナザクラ(雛桜)の特徴と育て方

ヒナザクラ

ヒナザクラ(雛桜) 2003年4月14日撮影  種からの初花

 
和名 ヒナザクラ(雛桜)
学名 Primula nipponica
科名・属名 サクラソウ科 サクラソウ属
分布 本州(東北地方の亜高山以上)。日本固有
花期 7~8月(自生地)
特徴

亜高山帯~高山帯の雪田の融雪跡や湿った草地に生えます。

花径約1cm、花は1~8個、高さ10~15cmの多年草。

葉は長さ2~4cm、葉身の上半部に5~9個の鋸歯があり、基部は葉柄状。は、花茎、花柄に微腺毛があります。

花冠裂片は斜めに開く。

育て方

鉢底に大粒の山砂を入れ、底のほうにマグァンプK を根に触れないように入れて、軽石、日光砂、硬質鹿沼土などの混合用土に花後に植え替えます。

真夏と冬を除いて1ヶ月に2~3回薄い液肥を水代わりにやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

水は表面が乾いたらやり、真夏は夕方に、鉢と鉢のまわりにたっぷりやって、夜間温度を下げるようにします。それ以外の季節は朝にやります。乾きやすい時は朝もやります。

春は日に当て、夏は寒冷紗下、冬は霜と風のあたらない場所で管理します。

わが家は車庫の二階を高山植物の育成場所にして、鉢台には板の上に波板、その上に人工芝を敷いて、ポリカーボネートの波板の屋根をかけています。真夏は寒冷紗をします。

冬はまわりを波板で囲い、風が当たらないようにしています。

それでも雪田の融雪跡に咲くことが多いヒナザクラ(雛桜)は、関東地方の住宅地で栽培続けるのは難しい植物でした。

宮城県では殖えて困るほどだったヒナザクラ(雛桜)が関東地方の住宅地では難しかった

ヒナザクラ

ヒナザクラ(雛桜) 2005年6月19日撮影  種から

山野草好きな叔父からいただいたヒナザクラは関東地方在住の叔父がびっくりする位咲きました。叔父も育てたようですが、私に分けてくれた数年後には耐えてしまったので関東地方では育たないと思っていたようです。

わが家では、数株いただいたヒナザクラが何倍にも殖えて、叔父のところ持っていきましたが育たないというのを聞いて、不思議に思っていました。

定年の7年前には永住するための家を関東地方に建て、念願だったロックガーデンをつくりました。その前後は庭のない家に住むことになり、育てていた高山植物などはそのロックガーデンにすべて植えましたが、そこでかなり残ったものがありましたが、ヒナザクラなどは耐えてしまいました。

そんなことから、引っ越しをした後にヒナザクラを播き、育たないはずはないと思っていましたが、5年後くらいで全滅してしまいました。

種からはたくさん芽生えて花はかろうじて咲きましたが、宮城県で育てていたように元気な苗にはならず、少しは株も大きくなるものの鉢いっぱいに根と株が回るという風には程遠い現状でした。

ヒナザクラは私などの手の届かないところで生きていたのだということを痛切に感じさせられました。

宮城県に住んでいた時は、栗駒には手軽に登ることができたので、毎年のように雪解け水の流れるところを真っ白に染めて咲いていたヒナザクラを見るのが楽しみでしたが、関東地方はその環境とは程遠く、ヒナザクラは生きることさえできないことを痛感しました。

たぶん私が住んでいた宮城県の住宅地が生きられる限界だったのだろうと思いました。東北の高山帯ではかなり出会うことの多かったヒナザクラはそこに咲く事が幸せな花だったのだと思い返しています。

月山と蔵王芝草平のヒナザクラ(雛桜)

関東に来てから、東北の山の花を見たくて月山にも何度か登りました。

ヒナザクラ

月山のヒナザクラ 2003年8月2日撮影

ヒナザクラ

月山のヒナザクラ 2003年8月2日撮影

ヒナザクラ

蔵王芝草平のヒナザクラ 2003年6月21日撮影

ヒナザクラ

蔵王芝草平のヒナザクラ 2003年6月21日撮影

蔵王の芝草平は、ハイキングコースのようなところですが、気候条件が異なるためか6月中旬にヒナザクラの群生を見ることができましたが、写真はあまりよくありません。

雪が解けたばかりの雪田にチングルマ、ヒナザクラの群生が苦労して登ることなく見られたことに感動しました。

この場所は条件がとても良いようで、雪が残っている中に様々な高山植物が咲いていて感動的でした。

ヒナザクラ(雛桜)との出会いと思い出

ヒナザクラ

月山のヒナザクラ 2003年8月2日撮影

ヒナザクラ

月山のヒナザクラ 2006年8月3日 撮影

関東地方に越してきてからも東北の山が懐かしく、何度も登った月山に高山植物を見るために出かけました。東北の山でも月山は夏スキーが有名なように夏でも雪を踏んで登らなければならない山です。

月山には登り口はいくつもありますが、姥沢小屋裏からリフトに乗れば、高山植物が咲き乱れる姥ヶ岳山頂まではすぐですが、私たちが登った時には8月だというのに雪が残っていてアイゼンをつけなければならないくらいでした。

この雪は万年雪にはならないようで、10月初旬に登った時には消えていました。

姥ヶ岳山頂付近は雪もなく、ニッコウキスゲ、キタヨツバシオガマなどが咲き乱れているので、頂上までは回り道になりますがお勧めです。

そこから牛首の方にだらだらと歩いていくときに、ヒナザクラ、ミヤマリンドウなどの魅力的な高山植物に出会うことができます。

上の写真はそこで出会ったヒナザクラですが、月山では栗駒のようなヒナザクラの群生に出会ったことがありません。

栗駒に登ったころには写真の趣味がなく、記憶のなかでしか群生を見ることができません。


山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-早春の花・山野草の育て方
-,

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.