山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

早春の花・山野草の育て方

キスミレ(黄菫)の育て方

更新日:

キスミレ(黄菫)

キスミレは、本州(山梨県以西)、四国(愛媛県)、九州が自生地のようで、限られたところでしか見られないスミレです。私は自生地で見たことがありませんが、種から育てたという苗をいただいて数年間素敵な花を愛でることができました。

スミレは育て方によっては長年楽しむことが可能な植物ですが、それだけ手をかけなければなりません。

根伏せをしたり、種から更新しておかないと親株はいつ枯れるかわかりません。わが家も種から数本に増えたのですが、長くは咲かせることが出来ませんでした。

上のキスミレ(黄菫)は、自宅で2007年4月4日に撮影したものです。

スポンサーリンク

キスミレ(黄菫)の特徴と育て方

キスミレ

キスミレ(黄菫) 2008年4月4日 撮影  栽培品

   
和名 キスミレ(黄菫)
別名 イチゲキスミレ
学名 Viola orientalis
科名・属名 スミレ科 スミレ属
分布 本州(山梨県以西)、四国(愛媛県)、九州
花期 3月下旬~5月
特徴

草丈は5~12cmで、茎は直立し、山地や低山、原野、草原に見られます。

葉は長さ2~4cm、表面は粉を吹いたようなやわらかい緑色でやわらかく、オオバキスミレに比べると繊細な感じがします。

裏面は淡く紅紫色をおびるものが多く、両面とも微毛があります。根生葉は心形、上部の茎葉 は細長く、基部が切形になる傾向が強いようです。

花は直径1.5~2cm、他の花弁に比べて唇弁が小さい。色は輝くような明るい黄色で、花弁の裏面は紅紫色を帯び、唇弁の距は短い。

 
育て方

鉢底にごろ石をいれ、軽石砂、日向土などの山砂に鹿沼土や赤玉土を2~3割混ぜた用土に植え込み、株のまわりにマグアンプK 中粒、大粒を4~5粒ほど元肥として埋め込み、薄い液肥をときどき施します。

水は春と秋は毎朝1回、夏はさらに夕方にやり、冬は用土が乾き過ぎない程度にやります。

夏は半日陰で涼しく育て、冬は寒風を避けます。

7月には地上部が枯れてしまうので出来るだけ葉を長く持たせるようにします。

植え替えは春の芽だし前がよく古い根は取り除き、長い根は切り詰め新しい用土に植えます。

殖やすには株分け、実生、根伏せなどの方法があります。

定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

キスミレ(黄菫)

キスミレ(黄菫)

キスミレ(黄菫) 2006年4月1日 撮影  栽培品

4-012-4

キスミレ(黄菫) 2007年4月12日 撮影  栽培品

本州の山梨県以西、四国(愛媛県)、九州が自生地というキスミレの花は栽培品で始めて見た花です。苗をいただいて育てていたところ葉と一緒に蕾が上がってきて早春に格調高いキスミレの花が咲いてとても感動しました。

野山を歩けば、なにがしかのスミレが見られますし、スミレの花は大好きな花ですが、育てるのが苦手で、種をいただいても咲くことは咲くのですがいつの間にか消えていたり、殖えるものはかなり殖えた後にいつのまにか消えるという感じで、上手に育てることができません。

しかし、ほとんど見ることがないだろうキスミレの苗をくださると聞いた時にはとっても嬉しく図鑑を見て楽しみにしていました。

野山で私が見ることができるのは、オオバキスミレくらいで、キバナノコマノツメに感動してから黄色のキスミレを家で咲かすことができるというのはとてもうれしいことでした。

何年も同じ花は写さなくなるので、種からも殖やし、毎年植え替えて大切に育てたので、私にしてはかなり長い期間花を見ることができましたが、いつの間にか消えてしまいました。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-早春の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.