山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

春の花・山野草の育て方

カンパニュラ・トメントサ(Campanula tomentosa)の育て方

更新日:

カンパニュラ・トメントサ(Campanula tomentosa)

トルコおよび東のエーゲ海諸島に分布しているというカンパニュラ・トメントサ(Campanula tomentosa)は大型のCampanula でとても魅力的な花をでした。

種から2年くらい育てた苗をいただき3年後に開花したので、開花までに5年くらいかかっていることになりますが、待ちに待った花はそれまで見たことのないような幻想的な花でした。

花を楽しんだ後の夏の暑さで枯れてしまったことはとても残念でした。

上のカンパニュラ・トメントサ(Campanula tomentosa)は、自宅で2007年5月27日に撮影したものです。

スポンサーリンク

カンパニュラ・トメントサ(Campanula tomentosa)の特徴と育て方

カンパニュラ トメントサ(Campanula tomentosa)

カンパニュラ・トメントサ(Campanula tomentosa) 2007年6月27日 撮影  栽培品

 
和名 カンパニュラ・トメントサ
学名 Campanula tomentosa
科名・属名 キキョウ科 ホタルブクロ属
分布 トルコおよび東のエーゲ海諸島
花期 栽培品:4~5月
特徴

白い産毛の生えた葉がロゼットになっていたが、そこから沢山の茎を伸ばし大きな筒型の花を開きました。

花は大形で長さ5㎝位、淡い紫の筒型。

丈は40㎝位になり、かなり大型のCampanula です。

育て方

2004年に苗をいただいてやっと咲きました。

そのときも播種から2年は過ぎていただろうから、随分遅い開花になります。

高山植物なので、鉢底にゴロ石を入れて、硬質鹿沼土、蝦夷砂軽石などの混合用土で植えこみ他のCampanula と同じように育てました。

春は日当たり、花後植え替えてからは雨に当てずに半日陰で管理します。

わが家は風通しの良いポリカーボネートの波板の屋根下に置き、真夏は寒冷紗をしています。

花が咲くまでは元気にしていたのですが、花後の暑い夏にかれてしまいました。


カンパニュラ・トメントサ(Campanula tomentosa)のまとめ

>カンパニュラ・トメントサ(Campanula tomentosa)はトルコ原産ですが、私が思っているトルコというイメージにとてもよくあっている花のような気がします。

いろいろな国の花を育てていると、その国らしい花というのがあるのが不思議です。日本の山野草にしても、北海道に咲く花と九州に咲く花、四国に咲く花とそれぞれに違った雰囲気があるのですから、世界を見渡せばもっともっと多様性があるのだろうと思うと興味がわいてきます。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-春の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.