山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草記事

チェッカーベリー(ゴールテリア・プロクムベンス)の花も実も楽しむ

更新日:

ゴールテリア・プロクムベンス

チェッカーベリー(ゴールテリア・プロクムベンス) 学名:Goultheria Procumbens   2014年6月21日 撮影

チェッカーベリー、オオミコウジ、ヒメコウジなどの別名を持つチェッカーベリー(ゴールテリア・プロクムベンス)はツツジ科・シラタマノキ属の北米東北部原産の草丈10cmくらいの常録矮生低木です。

クリスマス用の寄せ植えに使われているのを見て植えてみたいと思っていた花のひとつです。

スポンサーリンク

知り合いの花屋さんから根の詰まったゴールテリア・プロクムベンスを頂いて育て始めた

チェッカ―ベリー

チェッカーベリー(ゴールテリア・プロクムベンス) 学名:Goultheria Procumbens   2014年7月18日 撮影

実は秋には赤く熟します。

山野草をたくさん育てるようになってから、根の詰まった鉢植えをいただいて株分けをしてから花が咲き実がなるようになった植物です。

ツツジ科の矮性低木の植物は根がはびこる物(ヤブコウジコケモモなど)が多いので育てられそうだと思うようになっても、ロックガーデンには下すことができません。

ロックガーデンを作ったばかりのころ、コケモモをロックガーデンに植えたら、ロックガーデン中にはびこってしまいました。

ツツジ科の矮性低木で、育てるのが難しい植物ですが、ロックガーデンでははびこってしまったのです。

困ってしまい、全て抜いて鉢植えにしましたが、鉢植は難しく、いつの間にか絶えてしまいました。

ツツジ科 シラタマノキ属の日本の高山帯に自生しているシラタマノキは、種から育てて、花が咲き、実もなりましたがやはり数年で枯れてしまいました。

そんな経験から、ゴールテリア・プロクムベンスがどのくらい丈夫なのだろうと思っていましたが、日本のツツジ科の矮性高山植物に比べると育てやすいようで、わが家でも数年元気にしています。

最初に頂いたときに根が詰まっていたように根が詰まると、夏場に蒸れやすくなるので、一番は風通しのいい半日陰で管理することですが、茎を解いて風通しをしてあげた方が良いので、2~3年に1度くらいの間隔で植え替えるか根元を風通しがいいように間引くようにカットするのも良いと思います。

夏は涼しく秋から春にかけては日に当てることが良いようです。

育てやすいと言っても高山性のツツジ科に比べてのことなので、水はけや水切れに気を付けて育てることが大切のようです。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草記事

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.