山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草記事

種から育てたカラフトマンテマがロックガーデンで開花

更新日:

カラフトマンテマ

カラフトマンテマ 学名: Silene repens  2005年6月16日 撮影

北海道(礼文島、日高山脈、大平山)の高山帯の礫地に生えるというカラフトマンテマはとても丈夫で植え替えもしないのにロックガーデンに毎年咲いてくれます。

ナデシコ科 マンテマ属の多年草ですが、マンテマ属の特長なのだろうが萼が長くとても目立ちます。

スポンサーリンク

種から育てたカラフトマンテマがロックガーデンで開花

昼間は花がしっかりと開ききらずに少ししぼんだ感じなのは、昆虫を寄せ付けるためなのだろうと思ったりしていますが、本当のところはわかりません。

花は白色か淡紅色で直径1.5㎝ と書いてありますが、我が家の花は純白です。

毎年100種類くらいの種を播いていた時に、ネット友達から頂いたもので、花が咲くたびに会ったこともない方を思い出しています。

先日我が家に来た花友だちが、花を育てていると言う事は、花だけでなくその花がどんな経緯でここに咲いているかを思い出しながら鑑賞する楽しみがあることを知ったと言っていましたが、とても納得しました。

子供が幼稚園のころに、「花はどうして生まれたの」と聞かれたことがあり、「種から育ったのだ」と答えたところ「その一番先の種はどこから来たの」と聞かれて、答えに窮したことがありましたが、そんななぞを秘めた植物を育てさせてもらっていると思うと敬虔な気持ちになります。

絶滅危惧種などと騒がれている植物がたくさんありますが、絶滅してしまった植物もたくさんあると思うと、自然を壊すことがないように心して育てていかなければと思います。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草記事

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.