山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

サラサドウダン(更紗灯台)の育て方

サラサドウダン

サラサドウダン(更紗灯台)は、北海道、本州(近畿地方以北)の山地の涼しいところで自生していることから、半日陰で涼しいところが適しています。

自然に形が整いますので、花後余分な枝を切る程度で強剪定は避けることが大切です。

サラサドウダン、花冠に更紗染めの模様があることからつけられたということですが、花色には変化があるようです。

下に田代山で写したサラサドウダンの変種のベニサラサドウダン(紅更紗灯台)の写真と特徴を載せています。

上のサラサドウダン(更紗灯台)は、自宅で2003年4月27日に撮影した花です。

スポンサーリンク

サラサドウダン(更紗灯台)の特徴と育て方

サラサドウダン

サラサドウダン(更紗灯台) 2003年4月17日 撮影 栽培品

           
和名 サラサドウダン(更紗灯台)
別名 フウリンツツジ
学名 Enkianthus campanulatus
科名・属名 ツツジ科 ドウダンツツジ属
分布 北海道、本州(近畿地方以北)
花期 5~7月
特徴

花径1~1.5cm、高さ4~5m、樹皮は滑らかで灰色。枝は輪生し斜上か上に横に広がります。

葉は互生し長さ3~7cm、枝先に輪性状に集まります。

花は初夏新しい枝先に垂れ下がり、色の濃淡の差が多い。

果穂は下がるが果実は上を向きます。

和名は花冠に更紗染めの模様があることからつけられました。

育て方

半日影が最も良く、保湿性のある有機質に富んだ土が適します。

初夏から夏の花芽が作られるころに水切れさせてしまうと翌年の花芽が付かなくなるので、根元に敷き藁や腐葉土などを敷いて乾燥を防ぎます。

鉢植えは鹿沼土に、腐葉土を混ぜた用土に植え、表面が乾いたらたっぷり水をやります。

春と秋は日あたり、夏は半日陰になるような場所で管理します。

地植えは、2~3月で、根鉢の2倍、横幅も2倍に掘り、腐葉土を混ぜて植えつけますが、根元が少し高くなるように植えます。

肥料は2月頃の寒肥と9月に油粕と骨粉を混ぜた肥料を与えますが、9月の肥料は少な目にします。

サラサドウダンは自然形が良く、花後に余分な枝を整理する程度にします。

アブラムシなどの害虫が付くので、定期的に薬剤散布をします。

殖やすには挿し木が良く、6月頃に、今年伸びた枝をはさみを使わずにもぎ取るように挿します。

サラサドウダン(更紗灯台)

サラサドウダン

サラサドウダン(更紗灯台) 2005年6月18日 撮影 裏磐梯五色沼

サラサドウダン

サラサドウダン(更紗灯台) 2003年6月6日 撮影 沼原湿原

サラサドウダン(更紗灯台)まとめ

日当たりから半控えで管理し、乾燥には注意します。剪定は自然系が良いので、花後に余分な枝を整理する程度にします。

繁殖は挿し木が良く、6月頃に今年伸びた枝をもぎ取るように取って挿します。

ベニサラサドウダン(紅更紗灯台)の特徴

ベニサラサドウダン

ベニサラサドウダン(紅更紗灯台) 2003年7月5日 撮影 田代山

         
和名 ベニサラサドウダン(紅更紗灯台)
学名 Enkianthus campanulatus var. palibinii
科名・属名 ツツジ科 ドウダンツツジ属
分布 北海道、本州
花期 5月~6月
特徴

関東地方北部と北陸地方の山地に生え、庭木などに栽植される落葉低木。高さ2mくらいになります。

葉は互生し長さ2~4cm、両端の尖った倒卵形で、枝先に集まります。

花はサラサドウダンに比べて花冠がやや小さく細く、花色が濃い。

そのほかはほとんどサラサドウダンと同じで秋の紅葉が美しい。

サラサドウダンの中で花全体が紅色になる変種。


山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-庭木や盆栽の花木・実物の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.