山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーサ行

トリトマ(クニフォフィア)

更新日:

トリトマ(クニフォフィア)

トリトマ(クニフォフィア)は、ユリ(ススキノキ)科・クニフォフィア属(シャグマユリ属)で、野生種の多くは南アフリカの高地に自生しています。日本で多く栽培されているのはヒメトリトマ(Kniphofia rufa)で、花は蕾のときはオレンジ色で、開花すると黄色に変化します。

明治中期に渡来した宿根草で、普及したのは昭和18年以降です。

上のトリトマ(クニフォフィア)は、2007年6月8日にわんぱく公園で撮影したものです。

スポンサーリンク

トリトマ(クニフォフィア)の特徴

         
和名 シャグマユリ(赤熊百合)
別名 クニフォフィア、トーチリリー
学名 Kniphofia uvaria
科名・属名 ススキノキ(ユリ)科 クニフォフィア属(シャグマユリ属)
分布 南アフリカ東海岸
花期 6~8月
特徴

野生種の多くは南アフリカの高地に自生しています。日本で多く栽培されているのはヒメトリトマ(Kniphofia rufa)で、花は蕾のときはオレンジ色で、開花すると黄色に変化します。

明治中期に渡来した宿根草で、普及したのは昭和18年以降です。

高さ60~90㎝になり、筒型の花が穂状に20㎝くらい付きます。

園芸品種でさまざまな種類があります。トリトマは旧属名で、現在ではクニフォフィア(シャグマユリ)属に分類されています。

日当たりと水はけのよい場所で、水はけと通気性に富み、適度な保水性のある土が適しているので、腐葉土をすきこみ、苦土石灰と元肥として緩効性化成肥料を入れて植えこみます。

庭植えの株には、春と秋に株のまわりに化成肥料をまきます。

早春に植えますが、秋に植えるときは9月上旬から10月上旬までに植えます。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然の中の花科名ーサ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.