山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーラ行

クマガイソウ(熊谷草)

投稿日:

クマガイソウ

クマガイソウ(熊谷草)は、ラン科・アツモリソウ属で、北海道(西南部)、本州、四国、九州の山野の林内、特に杉林や竹林に多い多年草で、大群生が見られるところがあるようです。

地下茎は節間が長く、全長は1m以上になるようですので、適地であれば地植え栽培が可能です。

上のクマガイソウ(熊谷草)は、2003年5月3日に花之江の郷で撮影したものです。


スポンサーリンク


クマガイソウ(熊谷草)の特徴

クマガイソウ

クマガイソウ(熊谷草) 2005年4月15日 撮影 星野自然村


         
和名 クマガイソウ(熊谷草)
学名 Cypripedium japonicum
科名・属名 ラン科 アツモリソウ属
分布 北海道(西南部)、本州、四国、九州
花期 4~5月
特徴

山野の林内、特に杉林や竹林に多い多年草。

根茎は横にのび、節から根を出します。

茎は高さ20~40cmで白い毛が密生し、基部に膜質の鞘状葉が数個つきます。

葉は2個がほぼ対生状につき、直径10~20cmの扇状円形で、放射状の縦皺が目立ちます。

花は大型で茎の先に1個つく。萼片は淡緑色。背萼片は長さ4~5cmの卵状楕円形で先は尖ります。

側萼片2個は合着して船形になり、唇弁の後ろにあります。側花弁も淡緑色で内側の基部に紅紫色の斑点があり、軟毛が散生します。

唇弁は袋状にふくらみ、紅紫色の脈があり、ずい柱は長さ約2cmで内側に曲がります。先端が柱頭で、その下の両側に葯室があります。

和名は袋状の花を熊谷次郎直実の背負った母衣(矢除けの布製の袋)に見立ててつけられました。

クマガイソウの地下茎は節間が長く、全長はしばしば1m以上になる。 適地であれば地植え栽培が可能です。

スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-自然の中の花科名ーラ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.