山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然野中の花科名ーカ行

カシワバハグマ、コウヤボウキ、カコマハグマの比較ーコウヤボウキ属

カシワバハグマ

コウヤボウキ属のカシワバハグマ(柏葉白熊)、コウヤボウキ(高野箒)、カコマハグマは、花はとても似ているので葉で区別することになります。

カシワバハグマ(柏葉白熊)は、葉はやや大きく、長さ10~20cmになる卵状長楕円形で、カシワの葉に似ています。

コウヤボウキ(高野箒)の葉は2型あリ、1年目の枝には卵形の葉が互生し、2年目の枝にはやや細い葉になりますが、1年目の枝の先に花が咲くので目立つのは卵形の葉です。

カコマハグマは、カシワバハグマとコウヤボウキの種間雑種で、山地の林内に生え、葉はカシワの葉に似ていて、葉の付き方はコウヤボウキに似ています。

上のカシワバハグマ(柏葉白熊)は、2005年9月11日に撮影した、種から育てた花です。

スポンサーリンク

カシワバハグマ(柏葉白熊)の特徴

カシワバハグマ

カシワバハグマ(柏葉白熊)の葉 2005年9月11日で撮影した、種から育てた花です。

           
和名 カシワバハグマ(柏葉白熊)
学名 Pertya robusta
科名・属名 キク科 コウヤボウキ属
分布 本州、四国、九州
花期 9~11月
特徴と育て方

山地の木陰に生える多年草。

茎は枝分かれせず、高さ30~70cmになります。

葉は茎の中央部に集まってつき、長柄があって卵状長楕円形で長さ10~20cm、縁に粗い歯牙があります。

頭花は白色で茎の上部に穂状につきます。総苞は短い円柱形で長さ1.7~2.7cm。

和名のハグマ(白熊)は仏具の払子に使うヤクのことで、小花の裂片の様子をそれに見立てたもの。

育て方

芽出し時は日に当てるが、葉が展開してきたら半日陰で管理し葉やけを防ぎ、水切れに注意します。

春と秋に有機質肥料を置き肥するほか、薄い液肥を与えます。

植え替えは新芽が出る前の早春が最適で用土は赤玉土、硬質鹿沼土などに少量の軽石を混合した用土で水もち良く植えます。

植え替え時に、マグアンプK 中粒を根に触れないように入れます。

真夏と冬を除いて1ヶ月に2~3回水肥を水代わりにやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

鉢植えの場合は夏場水枯れすると下葉が枯れこむので水切れに注意します。

仲間のキッコウハグマなどは長く持ち込んでいますが、カシワバハグマは大きくなることから置き場所に困り丁寧に育てなかったためか、いつの間にか絶えてしまいました。

三毳山のカシワバハグマ

カシワバハグマ

カシワバハグマ(柏葉白熊) 2006年10月13日 撮影 三毳山

カシワバハグマ

コウヤボウキ(高野箒)の特徴

コウヤボウキ

コウヤボウキ(高野箒) 2006年10月13日 撮影 三毳山

コウヤボウキ

コウヤボウキ(高野箒) 2005年10月25日 撮影 益子西明寺付近

         
和名 コウヤボウキ(高野箒)
学名 Pertya scandens
科名・属名 キク科 コウヤボウキ属
分布 本州(関東地方以西)、四国、九州
花期 9~10月
特徴と育て方

山地の明るいやや乾いたところに生える小低木。

よく枝分かれし、高さ0.6~1mになります。

茎や葉に短毛がある。葉は2型あリ、1年目の枝には卵形の葉が互生し、2年目の枝にはやや細い葉が、3~5個ずつ束生します。

頭花は1年目の枝の先につき長さ1.5㎜ほどの白い筒状花13個ほどからなる。花冠の先は5つに切れ込み、反り返ります。

カコマハグマの特徴

カコマハグマ

カコマハグマ 2002年11月2日 撮影 下野国分寺跡

カコマハグマ

カコマハグマ 2002年11月2日 撮影 下野国分寺跡

         
和名 カコマハグマ
学名 Pertya hybrida
科名・属名 キク科 コウヤボウキ属
分布 本州(関東地方以西)
花期 9~10月
特徴と育て方

カシワバハグマとコウヤボウキの種間雑種。

牧野富太郎により東京杉並区の大宮八幡で最初に気づかれました。

茎は1年生で中ほどの葉は長さ約1cmのの柄があり、長さ8cm、幅6cmほど、3脈がある。上の葉は小型。

頭花は上部の葉腋につきます。総苞は長さ1.7~1.9cm。

高さ30~70cm。山地の林内に生える多年草で、葉はカシワの葉に似ていて、秋に茎の上に白っぽい頭花を穂状につけます。


山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然野中の花科名ーカ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.