山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーア行

コルムネア 'カーニバル' (Columnea‘Carnival’)、コルムネア・ユーフォラ(Columnea euphora)

更新日:

コルムネア’カーニバル’

コルムネア属は、立ち性、斜上性、蔓性など、様々亜生態を持ち、熱帯アメリカに75種が自生し、熱帯雨林の樹木の幹や岩などに着生しています。

また、園芸品種や交雑品種が非常に多く、つるを伸ばして生長するタイプや立ち上がるタイプ、花の色、葉の形や模様など、その種類は様々です。

観葉植物として、室内で育てると良いようで、冬の温度が確保できる暖地での栽培は可能のようです。

上のコルムネア 'カーニバル' (Columnea‘Carnival’)は、2004年1月9日にとちぎ花センターで撮影したものです。

スポンサーリンク


コルムネア 'カーニバル' (Columnea‘Carnival’)の特徴と育て方

コルムネア’カーニバル’

コルムネア 'カーニバル' (Columnea‘Carnival’) 2004年1月9日 撮影 とちぎ花センター

         
和名 コルムネア 'カーニバル' (Columnea‘Carnival’)
学名 Columnea‘Carnival’
科名・属名 イワタバコ科 コルムネア属
分布 熱帯アメリカ
花期 春から秋。10℃以上で、冬も可
特徴と育て方

つる性の着生植物で、茎は垂れ下がり、毛が密生します。

葉身は卵形から卵状長楕円形で長さ3~4cm、緑色で毛が密生します。

花は葉腋ににつき、花冠は二唇形。

交雑種や多数の園芸品種が作り出されているようです。

コルムネア 'カーニバル' もそれらのひとつで、蔓性で華やかな黄色に赤の覆輪がとてもきれいです。

コルムネアは熱帯アメリカ原産ですから、高温多湿を好みます。

日中は暖かく、夜間に温度が下がるような、寒暖のメリハリがついた環境で管理すると花の付きがよくなるようです。

夏の強い日光は葉やけの原因になるので遮光が必要です。乾燥気味にして葉水をやることが、熱帯植物には有効です

冬に10℃位を確保できれば栽培可能のようですが、温度管理が難しそうですが、暖地では室内の窓辺などで育てられそうです。

冬の植物館で、とてもきれいに咲いていたので、そのような環境がベストなのだろうと思いました。

コルムネア・ユーフォラ(Columnea euphora)の特徴

コルムネア・ユーフォラ

コルムネア・ユーフォラ(Columnea euphora) 2004年1月9日 撮影 とちぎ花センター

         
和名 コルムネア・ユーフォラ(Columnea euphora)
学名 Columnea euphora
科名・属名 イワタバコ科 コルムネア属
分布 熱帯アメリカ
花期 1~5月
特徴

常緑の蔓性小低木で、枝が下垂して伸びていきます。

朱色で、1.5cm~2cmの筒状唇形花を多数咲かせます。

上のコルムネア 'カーニバル' をはじめ、交雑種や多数の園芸品種が作り出されているようです。

コルムネアは熱帯アメリカ原産ですから、高温多湿を好みます。

日中は暖かく、夜間に温度が下がるような、寒暖のメリハリがついた環境で管理すると花の付きがよくなるようです。

夏の強い日光は葉やけの原因になるので遮光が必要です。乾燥気味にして葉水をやることが、熱帯植物には有効です。

冬に10℃位を確保できれば栽培可能のようですが、温度管理が難しそうですが、暖地では室内の窓辺などで育てられそうです。

冬の植物館で、とてもきれいに咲いていたので、そのような環境がベストなのだろうと思いました。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然の中の花科名ーア行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.