スポンサーリンク

自然の中の花科名ーア行

ヤマガラシ(山芥子)、ハルザキヤマガラシ(春咲山芥子)の比較ーヤマガラシ属

ヤマガラシ

ヤマガラシ(山芥子)は、北海道、本州の中部地方以北の、山地谷沿いの礫地や、湿った草原に生える高さ20~60㎝の多年草です。

ハルザキヤマガラシ(春咲山芥子)は、ヨーロッパ原で、明治に帰化した30~40㎝で、道端、野原、田畑の畦などに群生を作ることが多いようです。

見分けるのはかなり難しいようですが、花後の花柱がヤマガラシの方が短いようです。主観的になりますが、私が写した写真、ネットの写真を見比べるとハルザキヤマガラシは全体に柔らかいように感じました。

上のヤマガラシ(山芥子)は、2006年8月4日に月山で撮影した花です。

スポンサーリンク

ヤマガラシ(山芥子)の特徴

ヤマガラシ

ヤマガラシ(山芥子) 2006年8月4日 撮影 月山

         
和名ヤマガラシ(山芥子)
別名ミヤマガラシ
学名Barbarea orthoceras
科名・属名アブラナ科 ヤマガラシ属
分布北海道、本州(中部地方以北)
花期5~8月
特徴

山地谷沿いの礫地や、湿った草原に生える多年草。

高さ20~60㎝。

根生葉は羽状に中~全裂し、頂小葉は丸く大きい。茎葉の基部は茎を抱く。

茎頂に総状に黄色の4弁花を開く。花柱は長さ葯1.5㎜と短い。

角果は軸に平行につき長さ3~5cm。

ヤマガラシ

ヤマガラシ(山芥子) 2006年7月4日 撮影 礼文島

ヤマガラシ

ヤマガラシ(山芥子) 2006年7月4日 撮影 礼文島

ハルザキヤマガラシ(春咲山芥子)の特徴

ハルザキヤマガラシ

ハルザキヤマガラシ(春咲山芥子) 2007年5月28日 撮影 日光いろは坂

ハルザキヤマガラシ

ハルザキヤマガラシ(春咲山芥子) 2007年5月28日 撮影 日光いろは坂

         
和名ハルザキヤマガラシ(春咲山芥子)
別名セイヨウヤマガラシ
学名Barbarea vulgaris
科名・属名アブラナ科 ヤマガラシ属
分布ヨーロッパ原産
花期4~6月
特徴

ハルザキヤマガラシは、ヨーロッパに自生する2年生植物です。

茎は無毛で高さ30~70㎝。

根生葉と下部の葉は羽状に裂け頂裂片は円形~倒卵形で大きい。波状鋸歯が出ます。

上部の葉は無柄で基部は茎を抱き、厚く光沢があります。

花は鮮黄色の4弁花直径約7㎜ほど。花柱はヤマガラシより長いというが確認していません。

ヤマガラシのこれほどの群生は見たことがありません。

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-自然の中の花科名ーア行
-

© 2021 山野草を育てる