山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

早春の花・山野草の育て方

ニョイスミレ(如意菫)の育て方|ミヤマツボスミレの特徴

更新日:

ニョイスミレ(如意菫)

スミレの同定は難しく、かなり写真を写したが、いまだにわからないものがあり苦労をしています。その中で、ニョイスミレはいただいた苗を長いこと栽培していたために野山で出会うと間違いなくわかるスミレです。

そんな可憐なニョイスミレに出会うとうれしくなってしまいます。ムラサキのスジと丸い距と優しい立ち姿がニョイスミレだと教えてくれます。

このページの下には、那須沼原近辺、浄土平近辺、花之江の郷で写した花も掲載しています。

ミヤマツボスミレ(深山坪菫)はニョイスミレの高山型で、白山~八甲田まで分布し、東北地方では沼のまわりの湿原に、北アルプスでは林縁の草地に見られます。

葉が円形で表面に微毛があること、花が淡紫を帯びることなどで、区別できますが、白色の個体とも出会いました。

上のニョイスミレ(如意菫)は、自宅で2004年4月10日に撮影したものです。

スポンサーリンク

ニョイスミレ(如意菫)の特徴と育て方

 
和名 ニョイスミレ(如意菫)
別名 ツボスミレ
学名 Viola verecunda
科名・属名 スミレ科 スミレ属
分布 日本全土
花期 3月~5月
特徴

平地や丘陵、山地のやや湿った草地や林内に普通に見られます。

茎は斜めにのばし、草丈は5~25cm。茎は柔らかく倒れやすい。

葉は幅2~4cmの心形~腎形。普通無毛で両面とも緑色だが、まばらに毛があるものや、裏面が紫色を帯びるものもあります。托葉は披針形でほぼ全縁。

花は白色でやや小さく、唇弁の紫色のすじが目立つ。花弁は長さ0.8~1cm。側弁は少し突起毛があります。距は長さ2~3㎜と短く球形に近い。

育て方

鉢底に礫を敷き、ミジンを除いた山砂に鹿沼土や赤玉土を2~3割混用した用土に植え込みます。

鉢のまわりにマグアンプK 中粒、大粒を4~5粒ほど元肥として埋め込み、薄い液肥を時々施します。

水は、春と秋は毎朝たっぷりとやり、夏は朝夕、冬は用土が乾かない程度にやります。

よく日に当て、夏は半日陰で風通しよく育て、植え替えは花後か秋に、古い根は取り除き、長い根は切りつめ、新しい用土に植えます。

浄土平近辺、那須沼原近辺、花之江の郷のニョイスミレ(如意菫)

ニョイスミレ(如意菫)

ニョイスミレ(如意菫) 2005年6月18日 撮影  浄土平近辺

ニョイスミレ(如意菫)

ニョイスミレ(如意菫) 2003年6月6日 撮影  那須沼原近辺

ニョイスミレ(如意菫)

ニョイスミレ(如意菫) 2003年5月3日 撮影  花之江の郷

ニョイスミレは鉢栽培で割と長い間育てることができた

スミレの仲間は気ままで、育てたいところには芽生えずに、種を飛ばして殖える性質があるために、古株になって元株が枯れた時に消えてしまうものが多いのが現状です。

種は播き方があるのかあまり勉強もしないで播いているため、播き床には発芽しないで、飛び込みで芽生えることが多いために苦労しています。

スミレを主に育てている方はいろいろと工夫しているのでしょうが、私の場合は多種多様なものを育てているために手が回らないのが現状で、好きなスミレも絶えてしまているのを残念に思っています。

そのような現状の中でも、長いこと居続けてくれたのがニョイスミレです。

ミヤマツボスミレ(深山坪菫)の特徴

ミヤマツボスミレ

ミヤマツボスミレ(深山坪菫) 2006年8月3日 撮影  月山

ミヤマツボスミレ

ミヤマツボスミレ(深山坪菫) 2006年8月3日 撮影  月山

ミヤマツボスミレ

ミヤマツボスミレ(深山坪菫)葉 2006年8月3日 撮影  月山

 
和名 ミヤマツボスミレ(深山坪菫)
学名 Viola verecunda var. fibrllosa
科名・属名 スミレ科 スミレ属
分布 本州(中部地方以北)
花期 6~8月
特徴

ニョイスミレの高山型。白山~八甲田まで分布し、東北地方では沼のまわりの湿原に、北アルプスでは林縁の草地に見られます。

葉が円形で表面に微毛があること、花が淡紫を帯びること、茎が地表途中から根を出すことなどが特徴です。

下は葉はミヤマツボスミレのように見えるが花は白が強い。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-早春の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.