山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

早春の花・山野草の育て方

キバナセツブンソウ(黄花節分草)の育て方

投稿日:2016年11月7日 更新日:

キバナセツブンソウ

キバナセツブンソウ(黄花節分草)は、南ヨーロッパ原産で、ヨウシュセツブンソウとも言われて、いろいろな品種が出回っているようです。種のできにくい Eranthis x tubergenii のような品種もあるので、分球をあまりしないセツブンソウの場合殖やすことが出来ません。

花を見て終わりで良い方は良いのですが、種から殖やしたい方は種ができる品種を選んだ方が良いようです。

上のキバナセツブンソウ(黄花節分草)は、自宅で2004年3月6日に撮影したものです。


スポンサーリンク


キバナセツブンソウ(黄花節分草)-Eranthis x tubergenii の特徴と育て方

キバナセツブンソウ

キバナセツブンソウ(黄花節分草) 2004年3月15日  栽培品


 
和名 キバナセツブンソウ(黄花節分草)
別名 ヨウシュセツブンソウ
学名 Eranthis x tubergenii
科名・属名 キンポウゲ科 エランティス属
分布 南ヨーロッパ
花期 2~3月
特徴

日本では、地中海東部原産のキバナセツブンソウ(E.cilicica)と南欧原産のオオバナキバナセツブンソウ(E.hyemalis)との交雑種が出回っているという。

花は茎頂に咲き、花弁のように見えるのは、萼が花弁状に発達したもので、草丈7~10cm。

全体にセツブンソウよりやや大形で、葉も厚く光沢もあり、根茎はセツブンソウのように球形ではなく細長い。

キバナセツブンソウと書いてある開花苗を購入したのだが、Eranthis ×tubergenii かどうかははっきりわかりません。写真で見る限りにおいて、エランシス・ヒエマリス(Eranthis hyemalis)とは違って見えますが、ほかの交配種なども多いようなのではっきりわからないのが現状です。

日本のセツブンソウもこの仲間ですが、かなり異なって見えます。

育て方

秋植え球根として入手することが多く、10月頃に植えますが、事前に吸水させてから植えつけることが必要です。

培養土は軽い川砂を多めに用い、これに赤玉土、腐葉土などを少量混合して、出来るだけ排水の良い状態を保つようにします。

あまり深く根茎を埋めず、地表からの深度は根茎の2倍程度が適当です。

夏は球根を乾燥させます。繁殖は分球。種まきもできますが、この花からは種ができなかったことから、種のできにくい Eranthis x tubergenii なのではないかと思いました。

日本のセツブンソウのように花時期に日光が当たる落葉樹の下で地植えにもできるようですが、鉢植えで花を見ただけで枯らしてしまいました。

寒さには強いようですが、日本のセツブンソウも分球はしないようにあまり分球もしないとのことですから、種で殖やすことになりますが、種ができにくい品種ですと増殖することは難しいことになるようです。

購入した株が枯れても、種ができれば種から殖やすことができるので、今度は種ができやすいものを選ぶことにしますが、園芸店で売れ残って種ができ始めている鉢植えなどはお勧めです。


キバナセツブンソウ(黄花節分草)のまとめ

キバナセツブンソウ

キバナセツブンソウ(黄花節分草) 2004年3月7日 撮影  栽培品


それまでも山野草は育てていましたが、ホームページを初めた10数年前に種からかなり多くの山野草を育て始めたころに購入したのがキバナセツブンソウで、同じ頃に日本のセツブンソウも育て始めました。

セツブンソウも球根が殖えないので思うようには育ちませんでしたが、最初に購入した苗から種を採取出来て、3年後にはたくさん開花したために10数年過ぎた現在は庭にセツブンソウの群生ができるまでになっています。

それに比べてキバナセツブンソウは種ができなかったために絶えてしまいましたので、セツブンソウとキバナセツブンソウがどちらが育てやすく、どちらが育てにくいかは何とも言えないのが現状です。

キバナセツブンソウはいろいろな種類があるようで、それによっても異なるのでしょうからいろいろ育ててみないことには分かりませんが、シアトルの友人はキバナセツブンソウが育つような場所にセツブンソウを植えても上手に育たないと言っていますので、育てる環境によるのではないかと思われます。



スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-早春の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.