山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

早春の花・山野草の育て方

ヤブレガサ(破れ傘)の育て方

ヤブレガサ

ヤブレガサ(破れ傘)は葉が展開する前の、若い葉が敗れた傘のように見える時期の姿を鑑賞することが多いようです。

自生地は雑木林の斜面のようなところなので、水持ちと水はけを考えて夏は涼しい場所が最適です。

広葉樹の下などに植えると春の目出しの時の姿が風流があって素敵です。鉢での栽培は持ち運びができるので適切な場所に移動ができるのが利点です。

上のヤブレガサ(破れ傘)は、自宅で2004年4月9日に撮影したものです。


スポンサーリンク


ヤブレガサ(破れ傘)の特徴と育て方

ヤブレガサ

ヤブレガサ(破れ傘) 2003年6月12日 撮影 栽培品

 
和名 ヤブレガサ(破れ傘)
学名 Syneilesis palmata
科名・属名 キク科 ヤブレガサ属
分布 本州、四国、九州
花期 葉は3~4月、花は7月頃
特徴

株が若い時は根生葉が1個だけだが、株が充実してくると高さ0.5~1mの花茎を立てます。

根生葉は長柄があって、茎を抱き、直径40cmほどで楯形となります。茎葉は2~3個つき、葉柄に楯状について掌状に深裂します。

頭花は直径8~10㎜。円錐花序につきます。

葉を開く前の若い葉の姿が破れた傘に似ていることからつけられた名前で、その姿が鑑賞価値があります。

育て方

地植えは、やや傾斜のある半日陰に、腐葉土をすき込んで植えます。

鉢栽培では赤玉土に2~3割の腐葉土を混ぜた用土に地下茎を出来る限り浅く這わせるようにします。

春に固形肥料をその後は水肥を施し、水は普通にやり半日陰で管理します。

長い間栽培していましたが、植え替えを怠ったためもあってか数年前にかれてしまいました。

植え替えは芽の動き出す2月くらいに行います。増殖は植え替え時の株分け、根伏せなどをします。

30数年らい育てていた株ですが、宮城県から引っ越してきたので、植え場所が良くなかったのかもしれません。

ヤブレガサ(破れ傘)のまとめ

破れ傘は雑木林の中などで見られますので、腐葉土などをすき込んだ水はけのよい肥沃な用土で夏は木陰などで半日陰になるような場所が適していると思います。

熱帯夜が続くような場所で、エアコンの吹き出し口の近くになってしまったことが枯れた原因ではないかと思っています。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-早春の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.