山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

春の花・山野草の育て方

プリムラ・インボルクラータ(Primula involucrata)の育て方

プリムラ インボルクラータ(Primula involucrata)

プリムラ・インボルクラータ(Primula involucrata)はブータン~中国南西部(中国へのヒマラヤ山脈)の3000~4500mの高層湿原で見られるようです。また、プリムラ・ムンロイ(Primula munroi)と同義語と書いてあるのも見かけるので、難しい位置つけになっているようです。

2006年3月に播種した苗から2007年4月に花が咲きましたが、花後の株は暑い夏は越すことが出来ませんでした。

上のプリムラ・インボルクラータ(Primula involucrata)は自宅で2007年4月17日に撮影した2006年3月に播種した苗からの花です。

スポンサーリンク

プリムラ・インボルクラータ(Primula involucrata)の特徴と育て方

プリムラ インボルクラータ(Primula involucrata)

プリムラ・インボルクラータ(Primula involucrata) 2007年4月15日 撮影 栽培品 2006年3月播種

プリムラ インボルクラータ(Primula involucrata)

プリムラ・インボルクラータ(Primula involucrata) 2007年4月21日 撮影 栽培品

     
和名 プリムラ・インボルクラータ
学名 Primula involucrata(同義語: Primula munroi )
科名・属名 サクラソウ科 サクラソウ属
分布 ブータン~中国南西部(中国へのヒマラヤ山脈)
花期 4~6月
特徴

3000~4500mの高層湿原に自生します。

洗い流されるような湿った草原で豊富に育ちます。

また半日陰の森林地帯でも自生しています。

プリムラ・ムンロイ(Primula munroi)と同義語などと書いてあるものもあり、かなり難しい植物のようです。

10~30cmの細長い茎の上に、2~6個の花の弛緩した傘の中に、白または薄紫色を帯びた、頷いた花がさき、花は1.2~2cm、紫色のチューブは1~1.5cmです。 花弁は浅く刻まれています。

根生葉は艶がある楕円形で柄が長い。

育て方

日向土、軽石、日光砂、硬質鹿沼土などの手に入るものの混合用土にマグァンプK を入れて植えます。

真夏と冬を除いて1ヶ月に2~3回水肥を水代わりにやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をし、春と秋は午前中の日に当て、梅雨からはポリカーボネートの波板の屋根下で、夏は寒冷紗をかけ涼しくなるように工夫しました。

真夏と冬を除いて1ヶ月に2~3回薄い液肥を水代わりにやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

水は秋から春は朝に、夏は夕方に鉢のまわりにもたっぷりやり、夜間温度を下げるように工夫します。

2006年3月播種、2007年の4月に夏を越して、2本咲きました。

幼苗で1年を越し株が弱ることなく花が咲いたので、次の年の花も期待したのですが無理でした。

やはり高層湿原のプリムラは夏越が難しいようです。

プリムラ・インボルクラータ(Primula involucrata)のまとめ

プリムラ インボルクラータ(Primula involucrata)

プリムラ・インボルクラータ(Primula involucrata) 2007年4月15日 撮影 栽培品

プリムラ・インボルクラータ(Primula involucrata)の文献はあまりありませんでしたが、プリムラ・ムンロイ(Primula munroi)と同じものと書いてあるものもあり、プリムラ・ムンロイ(Primula munroi)の白い花の群生は写真で見ることが出来ました。


山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-春の花・山野草の育て方
-,

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.