山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

春の花・山野草の育て方

キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)の育て方

投稿日:2016年12月31日 更新日:

キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)

朝鮮半島、中国原産のキバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)は、ホウチャクソウより大きくなりますが、うなだれて咲く黄色の花がとても風流があり、切り花としても使うことのできます。

わが家は朝日が当たる半日陰に植えていますが、少しずつ殖えて何度か株分けをしました。

庭植にすれば手間のかからず、狭い庭でも殖えすぎるということもないので、手間がかからず、きれいな花を楽しめる植物です。

丈が少しありますが、茎が太いので倒れる心配がないのも嬉しいですし、その株の下に、日陰のの植物を植えることが出来るので、重宝しています。

上のキバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)は、自宅で2004年10月24日に撮影したものです。


スポンサーリンク


キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)の特徴と育て方

キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)

キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草) 2004年4月20日 撮影 栽培品


キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)

キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草) 2004年10月24日 撮影 栽培品


   
和名 キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)
学名 Disporum flavens
別名 キバナアマドコロ
科名・属名 イヌサフラン科 チゴユリ属
分布 朝鮮半島、中国原産
花期 3~4月
特徴

草丈は40~50cm位の宿根草。

茎は直立、上部は分枝し花時にやや垂れます。

葉は互生し、卵形~広卵形で葉脈が目立ち、花は上部の葉腋から出た花茎の先の苞の間から、筒状の花が数個垂れます。

日本に自生するホウチャクソウより大型です。

育て方

路地植えの場合は、庭のカエデの下など、夏あまり暗すぎない半陰地がよい。

多少勾配のある場所を30cmほど掘り下げ、底部に浅く礫を敷きこみ、その上に掘りあげた土と腐葉土を半々に混ぜたもので定植します。

深く植えるとその後の成長がにぶるので、地下茎の上を1cm程度表土で覆うくらいがよい。

植え替えは3月または10月。繁殖は同時期に株分をします。

庭植の場合は早春に置き肥をして、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

関東地方の我が家の場合は朝日が当たる木陰に植えています。それほど殖えるわけではありませんが丈夫で、育てやすい花です。

キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)まとめ

キバナホウチャクソウ

キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草) 2017年4月27日 撮影 栽培品


キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)は丈夫で庭植でも楽しむことが出来ますが、ホウチャクソウのように殖えすぎるということがない代わり、植え替えをしないと弱ってきますので、数年に一度は場所を変えるか新しい用土を入れて植え替える必要があります。

涼しい地域では日向で栽培できますが、猛暑日が続く関東地方の住宅地では夏は涼しい場所で、西日を避ける必要があります。


スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-春の花・山野草の育て方

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.