スポンサーリンク

春の花・山野草の育て方

ヒマラヤエンゴサク(コリダリス・フレキシオーサ)の育て方の育て方

ヒマラヤエンゴサク

ヒマラヤエンゴサク(Corydalis flexuosa 'China Blue')は根茎の宿根草です。

花後の夏に休眠期になりますので、根茎が腐らないように屋根下で管理して、芽が動き出す前の晩夏に植え替えるのがコツです。

庭植にしていて、数年で枯れたことから鉢栽培にしています。

上のヒマラヤエンゴサク(Corydalis flexuosa 'China Blue')は、自宅で2007年5月2日に撮影したものです。

スポンサーリンク

ヒマラヤエンゴサク(Corydalis flexuosa 'China Blue')の特徴と育て方

ヒマラヤエンゴサク

ヒマラヤエンゴサク(Corydalis flexuosa 'China Blue') 2003年4月17日 撮影 栽培品

 
和名ヒマラヤエンゴサク
別名青花ケマンソウ
学名Corydalis flexuosa 'China Blue'
科名・属名ケシ科 キケマン属
分布中国
花期4~5月
特徴

高さ40cm位の根茎の宿根草です。

美しい空色の春咲き。個体によって花色が異なるようだが、これはとてもきれいなブルー。

暑さにはやや弱く、夏は休眠します。

育て方

深めの4~5号ほどの鉢が適し水はけの良い用土、たとえは硬質鹿沼土を主に軽石、桐生砂などを混合して植えます。植え付け時にマグアンプKを鉢底のほうに入れます。花後と秋に固形肥料と液肥を併用します。

植え替えは葉の動く前の晩夏に毎年行うとよく殖えます。

株分けしたのち、鉢の用土を大きめの鉢にばらまいておくと来春にはたくさんの芽を出し、1年後には花が咲きます。

夏期に休眠するので花後は雨を避けて半日陰に移し、葉を長く保つようにして、水は乾いたら与えます。

ヒマラヤエンゴサク(コリダリス・フレキシオーサ)のまとめ

ヒマラヤエンゴサク

ヒマラヤエンゴサク(コリダリス・フレキシオーサ) 2004年4月24日 撮影 栽培品

ヒマラヤエンゴサク

ヒマラヤエンゴサク(コリダリス・フレキシオーサ) 2006年4月21日 撮影 栽培品

ヒマラヤエンゴサクは2度目の栽培になり、枯れた経験を生かして毎年数倍に殖やしています。夏休眠する根茎植物なので、晩夏の目出し前に植え替えますが、植えてあった用土を庭に捨てておいたところ次の年にきれいに花が咲いたことから、見えにくい小さな根茎も交じっているので植えてあった鉢の用土は捨てないで、大きな鉢にばらまいておきます。

すると翌年には小さな芽が沢山出来ますので鉢上げすると、面白いように殖やすことが出来ます。

そのようにして十数年殖やし続けています。

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-春の花・山野草の育て方
-

© 2021 山野草を育てる