山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

秋の花・山野草の育て方

モリアザミ(森薊)の育て方

モリアザミ

モリアザミ(森薊)は、本州、四国、九州の日当たりがよく少し湿り気のある原野に生える多年草で、茎は直立し、高さ0.5~1mになります。

様々な種をいただいた中に入っていたものを播いて育てましたが、住宅地の狭い我が家の庭では長いこと栽培できる野草ではありませんでした。

しかし、そのようなものも栽培して花を見たということは、植物に興味のある私には有意義なことでした。

上のモリアザミ(森薊)は、自宅で2004年9月15日に撮影した2003年2月に播種した苗からの初花です。

スポンサーリンク

モリアザミ(森薊)の特徴と育て方

モリアザミ

モリアザミ(森薊) 2004年9月15日 撮影 2003年2月に播種した苗からの初花

       
和名 モリアザミ(森薊)
学名 Cirsium dipsacolepis
科名・属名 キク科 アザミ属
分布 本州、四国、九州
花期 9~10月
特徴

日当たりがよく少し湿り気のある原野に生える多年草で、茎は直立し、高さ0.5~1mになります。

全体に柔らかく、毛はなく、茎は枝分かれて広がり、斜上して長さは10~30cmになります。

根生葉は花時にはなく、茎葉は長さ15~20cmの長楕円形で、しばしば羽状に切れ込みます。

頭花は直径3.5~4cm、枝先に直立して咲きます。

根は太く直径約1cm。栽培され、ヤマゴボウの名で味噌漬けなどのみやげ物になっています。

育て方

大型の植物で根が深いというので、日が良くあたり、水はけのよいところに地植えにしました。

湿り気のある原野に自生するようですので、水撒きをしなかったので冬に乾燥してしまったようです。

モリアザミは住宅地の乾燥の激しい狭い庭に向かなかったようで大きな花を見せてくれた次の年に枯れてしまいました。

モリアザミはヤマゴボウの名で漬物にされる植物なので、庭で栽培するには広い庭が必要で、30cm以上耕し、苦土石灰、堆肥、化成肥料、熔リンを入れて畝をつくり畑のように栽培するようで、播いたら間引きをし、根が太くなったら掘りあげて食用にするということです。

野草として育てるには湿度のある日当たりの涼しく広い場所が必要なので、わが家で育てるのは無理な植物のようでした。

かなり大きくなりたくさんの花を見ることが出来たことは、植物に興味のある私には有意義なことでした。

モリアザミ(森薊)まとめ

モリアザミ(森薊)は根がヤマゴボウになる植物で、湿り気のある原野に生える植物なので、広い場所がないと栽培は難しいようです。

私は種をいただいて播いて花を見ることが出来ただけでしたが、かなり草丈も大きくなりましたし、植物を知ることが出来ただけでも良かったと思っています。

ブログ内のアザミの仲間


山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-秋の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.