山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

秋の花・山野草の育て方

ムラサキルーシャン(ケントラテルム・プンクタツム)の育て方

更新日:

ムラサキルーシャン

ムラサキルーシャン(ケントラテルム・プンクタツム)は、熱帯アメリカ、オーストラリア、フィリピン原産のハーブの仲間の多年草です。

夏から初秋にかけて咲くが、寒さには強くないので、家の中で管理し温度さえ有れば、冬でも開花しますが、暖房で乾燥するような場所は気を付けた方が良いようです。

花の少ない夏から冬にかけて咲く花は貴重です。

上のムラサキルーシャン(ケントラテルム・プンクタツム)は、自宅で2003年9月28日に撮影した花です。

スポンサーリンク

ムラサキルーシャン(ケントラテルム・プンクタツム)の特徴と育て方

       
和名 ムラサキルーシャン(ケントラテルム・プンクタツム)
別名 リンゴアザミ
学名 Centratherum punctatum
科名・属名 キク科 セントラセラム属
分布 熱帯アメリカ、オーストラリア、フィリピン
花期 夏から初秋にかけて咲くが、温度さえ有れば、冬でも開花する
特徴

紫紅色のアザミに似た頭花が茎の先端に咲き、草丈は20~50cm程度になります。

半耐寒性のハーブの仲間の多年草なので、暖かい地方や1年草と割り切って庭植にすることもできます。

育て方

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土を2対1程度を混合したものを使います。

植え付け、植え替え共に4~5月が適期です。翌年も育てたいときは草丈が大きくなるので、プランターや大き目の鉢を使い、根に触れないようにマグァンプK を入れて植えこみます。

日当たりを好みますが、夏の強い日差しは苦手なので半日陰で育てます。

真夏と冬を除いて1ヶ月に2~3回水肥を水代わりにやります。乾燥も嫌いますので、水は秋から春は朝に、夏は夕方に用土の表面が乾いたらたっぷりやります。

冬は家の中で管理し、水は控えめにします。

前年からの株は春に切り戻し、毎年新しい用土で4~5月に植え替えます。

ムラサキルーシャン(ケントラテルム・プンクタツム)まとめ

ムラサキルーシャン

ムラサキルーシャン(ケントラテルム・プンクタツム) 2003年9月28日 撮影 栽培品

寒さに少し弱いので、1年草として花壇に植えても良いですし、鉢やプランターで楽しみ、冬は家の中に取り込んで育てても良いようです。

夏から寒さが来るまで咲き続ける花期の長い花で、花の少ない時期に開花するので貴重な花です。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-秋の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.