スポンサーリンク

自然の中の花科名ーハ行

ダイコンソウ(大根草)とオオダイコンソウ(大大根草)の比較

ダイコンソウ

ダイコンソウ(大根草)は、バラ科・シモツケソウ属で、北海道、本州、四国、九州の山野に生える高さ50~80cmになる多年草です。

仲間のはオオダイコンソウ(大大根草)北海道、本州(中部地方以北)の山地に生える多年草でダイコンソウよりは高い山に生えるようです。

ダイコンソウの羽状複葉で頂小葉は円形~卵形なのに比べ、オオダイコンソウは羽状複葉で頂小葉は細長いことで区別ができます。

ダイコンソウ集合果が球形なのに比べ、オオダイコンソウは楕円形で長さ約2cmであることなどが識別できます。またオオダイコンソウは全草にあらくて長い毛が密生します。

上のダイコンソウ(大根草)は、2003年9月14日に日光植物園で撮影したものです。

スポンサーリンク

ダイコンソウ(大根草)の特徴

ダイコンソウ

ダイコンソウ(大根草) 2003年9月14日 撮影 日光植物園

ダイコンソウ

ダイコンソウ(大根草) 2003年9月14日 撮影 日光植物園

         
和名ダイコンソウ(大根草)
学名Geum japonicum
科名・属名バラ科 ダイコンソウ属
分布北海道、本州、四国、九州
花期7~8月
特徴

山野に生える高さ50~80cmになる多年草。

全体に柔らかな毛が密生します。

根生葉は羽状複葉で、長さ10~20cm。頂小葉が特に大きく側小葉は大小不ぞろい。ふちに鋭い鋸歯がある。茎葉は3裂します。

花は黄色で直径1.5~2cm。集合果は約1.5㎝。

和名は根生葉が大根の葉に似ていることによります。

ダイコンソウ

ダイコンソウ(大根草) 2005年10月12日 撮影 名草巨石群近辺

ダイコンソウ

ダイコンソウ(大根草) 2005年10月12日 撮影 名草巨石群近辺

オオダイコンソウ(大大根草)の特徴

オオダイコンソウ

オオダイコンソウ(大大根草) 2004年7月2日 撮影 霧が峰高原

オオダイコンソウ

オオダイコンソウ(大大根草) 2004年7月2日 撮影 霧が峰高原

         
和名オオダイコンソウ(大大根草)
学名Geum aleppicum
科名・属名バラ科 ダイコンソウ属
分布北海道、本州(中部地方以北)
花期7~8月
特徴

山地に生える多年草。高さ0.6~1m。全体に開出毛があります。

根生葉は奇数羽状複葉。頂小葉は大きく先は尖り粗い歯牙があります。側小葉は3~4対で、小付属片がある。茎葉は3小葉。托葉は大きい。

枝先に黄色で直径1.5~2cmの5弁花をつける。集合果は楕円形で長さ約2cm。

オオダイコンソウ

オオダイコンソウ(大大根草) 2004年7月2日 撮影 霧が峰高原

オオダイコンソウ

オオダイコンソウ(大大根草) 2004年7月2日 撮影 霧が峰高原

オオダイコンソウ

オオダイコンソウ(大大根草) 2004年7月24日 撮影 霧が峰高原

オオダイコンソウ

オオダイコンソウ(大大根草) 2006年7月14日 撮影 礼文島

オオダイコンソウ

オオダイコンソウ(大大根草) 2006年7月14日 撮影 礼文島

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-自然の中の花科名ーハ行
-