スポンサーリンク

自然の中の花科名ーハ行

ムラサキサキゴケ(紫鷺苔)とトキワハゼ(常盤はぜ)の比較

ムラサキサキゴケ

ムラサキサキゴケ(紫鷺苔)とトキワハゼ(常盤はぜ)は、ハエドクソウ科・サキゴケ属でムラサキサキゴケは、本州、四国、九州の田の畦など、少し湿ったところによく見られる多年草で、トキワハゼは日本全土の道ばたや畑などに多く見られる高さ5~20㎝の1年草です。

ムラサキサキゴケとトキワハゼはよく似ているが、ムラサキサキゴケは多年草で匐枝を出して増えるのが特徴です。トキワハゼは匐枝を出さないこと、1年草であるが、ほぼ1年中花が見られ、果実がはぜることか識別できるようです。

上のムラサキサキゴケ(紫鷺苔)は2004年5月29日に日光植物園で撮影したものです。

スポンサーリンク

ムラサキサキゴケ(紫鷺苔)の特徴

         
和名ムラサキサキゴケ(紫鷺苔)
学名Mazus miquelii
科名・属名ハエドクソウ科 サキゴケ属
分布本州、四国、九州
花期4月~5月
特徴

田の畦など、少し湿ったところによく見られる多年草。

葉は根もとに集まり、長さ4~7cm、幅1~1.5cmの倒卵形または楕円形。匐枝の葉は小さく対生します。

根もとの葉の間から高さ10~15cmの花茎をのばし淡紫色~紅紫色の花をまばらにつけます。花冠は唇形で長さ1.5~2cm。上唇は2裂、下唇は3列します。

匐枝を出して増えるのが特徴です。

トキワハゼ(常盤はぜ)の特徴

トキワハゼ

トキワハゼ(常盤はぜ) 2005年9月20日 撮影 三国山

         
和名トキワハゼ(常盤はぜ)
学名Mazus pumilus
科名・属名ハエドクソウ科 サキゴケ属
分布日本全土
花期4~11月
特徴

道ばたや畑などに多く見られる高さ5~20㎝の1年草。

ムラサキサキゴケに似ているが、やや乾いたところにも生え、匐枝を出さない。

葉は根もとのものは長さ2.5cmと大きく、茎の上部では小さい。

花は長さ約1㎝。上唇は紫色、下唇はわずかに紫色を帯びた白色で、黄色と赤褐色の斑紋があります。

和名はほぼ1年中花が見られ、果実がはぜるからといいます。

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-自然の中の花科名ーハ行
-