山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーア行

イヌガラシ(犬芥子)、スカシタゴボウ(透し田牛蒡)の比較

投稿日:2017年4月11日 更新日:

イヌガラシ

イヌガラシ(犬芥子)、 スカシタゴボウ(透し田牛蒡)も、道ばたや草地に生える雑草に当たるのだろうが、とてもよく似ていて、どこでも見かけます。

イヌガラシは多年草であり、スカシタゴボウは越年草で、葉がどちらも羽状に裂けるが、スカシタゴボウの方が深く裂けるようです。

イヌガラシは、また基部は耳状に張り出しがスカシタゴボウより強く茎を抱かないが、スカシタゴボウは茎を抱くなどの違いがあるようなのでよく観察すればわかります。

上のイヌガラシ(犬芥子)は、2006年10月13日に三毳山東口で撮影した花です。

スポンサーリンク

イヌガラシ(犬芥子)の特徴

イヌガラシ

イヌガラシ(犬芥子) 2002年11月17日 撮影 散歩道

         
和名 イヌガラシ(犬芥子)
学名 Rorippa indica
科名・属名 アブラナ科 イヌガラシ属
分布 日本全土
花期 4~9月
特徴

道ばたや草地に生える高さ10~50cmの多年草。

葉は羽状に裂けるがスカシタゴボウより裂け方が浅い。また基部は耳状にに小さくはりだすが、スカシタゴボウより強く茎を抱かない。

花は黄色で直径4~5㎜。

果実は長さ1.6~2cmの細長い円柱形で、上方に湾曲。

和名は雑草で食用にならないことらきています。

スカシタゴボウ(透し田牛蒡)の特徴

スカシタゴボウ

スカシタゴボウ(透し田牛蒡) 2006年4月19日 撮影 県民の森駐車場


スカシタゴボウ

スカシタゴボウ(透し田牛蒡) 2006年4月19日 撮影 県民の森駐車場


         
和名 スカシタゴボウ(透し田牛蒡)
学名 Rorippa islandica
科名・属名 アブラナ科 イヌガラシ属
分布 日本全土
花期 4~10月
特徴

水田や道ばたの湿地に生える高さ30~100cmの越年草。

根生葉は長さ5から15㎝で羽状に裂け、裂片はさらに粗く切れ込みます。

茎葉は上部のものほど裂けかたが浅く基部は耳状に小さくはりだして茎を抱く。

花は黄色で直径3~4㎜。果実は長さ5~8㎝。

雑草化して変化の多い種です。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク

-自然の中の花科名ーア行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.