山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

ユウゼンギク(友禅菊)の育て方

更新日:

ユウゼンギク

ユウゼンギク(友禅菊)は、明治年間に渡来した多年草で、北米原産のものが品種改良されたキク科 アスター属の宿根草です。

草丈の低い鉢植えを購入して、最初は鉢で楽しみ、庭植にして楽しんでいましたが、狭い庭では植える場所を確保できなくなり栽培を止めました。

日当たりの良い場所に植えれば、毎年長く花を見られるので、植え場所が確保できる人にはお勧めの花です。

うどんこ病とアブラムシが心配なので、他の植物と一緒に消毒すると良いようです。

上のユウゼンギク(友禅菊)は、自宅で2005年9月20日に撮影した花です。

スポンサーリンク

ユウゼンギク(友禅菊)の特徴と育て方

ユウゼンギク

ユウゼンギク(友禅菊) 2005年9月20日 撮影 栽培品

           
和名 ユウゼンギク(友禅菊)
別名 ニューヨークアスター、ミケルマスデージー
学名 Aster novi-belgii
科名・属名 キク科 シオン属
分布 北米
花期 6~11月
特徴

明治年間に渡来した多年草で、北米原産のものが品種改良された品種です。

草丈の低い園芸品種が多いですが、1mになる品種もあります。

花の大きさは3cm~4cm位、半八重咲きや八重咲きの種類をよく見かけます。

育て方

性質は強健で特に土質は選ばないが、乾燥と過湿は嫌います。

用土は、草花用培養土か赤玉土に腐葉土と軽石を少量入れたものでよく、元肥としてマグァンプK などの緩行性肥料を根に触れないように入れえ植えこみます。

生育が旺盛なので、鉢植えは毎年、庭植は3年に1度くらい植え替えます。

株分けは、秋か春に行い、秋の場合は、花後高さ5cmほどに切り詰めて、2~3本ずつに分けて植え付け、春の場合は芽が動き始めた頃同様に行います。

日当たりのよい場所を好み、冬は露地で越冬できます。

水は、年間を通して用土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。

アブラムシ、ハダニ、グンバイムシが付くので定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。オルトランを用土に混ぜておくと予防できます。

多肥にすると徒長するので、庭植は肥料がなくても大丈夫ですが、鉢植えの場合は秋と春に、緩行性肥料を施します。

殖やすには、株分けの他に挿し芽でも殖やせます。

ユウゼンギク(友禅菊)まとめ

日当たりを好み、育てやすい宿根草で、大株になるので植える場所を確保する必要があります。

地植えの場合も寒さに強いので、秋に枯れたら地際から刈り取ると翌年芽を出し、花を咲かせてくれます。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.