山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

春の花・山野草の育て方

ハスノハグサ(podophyllum versipelle)の育て方|仲間のアメリカハッカクレン

投稿日:2015年2月4日 更新日:

ハスノハグサ

山野草会に加入しているので、山野草愛好会の方が育てている植物は見ることが多く、毎年のようにハッカックレンの名前で展示しているのを見ていましたが、いろいろな咲き方、葉の形などがあって、その中の一種をいただいて栽培することになり、調べたところ2枚の葉のつけ根部に花が咲くものを「タイワンハッカクレン」、茎の途中に咲くものを「チュウゴクハッカクレン」と呼び分けられているようです。

私がいただいたものは葉の形が変わっていました。ハスノハグサと呼び、別名をハッカクレン(八角蓮)と言われるようですが、園芸品種も多く分かりにくい植物のようでした。

仲間のアメリカハッカクレン(亜米利加八角蓮)の写真と特徴を下に載せています。

上のハスノハグサは、自宅で2013年4月30日に撮影したものです。

スポンサーリンク

ハスノハグサ(podophyllum versipelle)の特徴と育て方

   
和名 ハスノハグサ (蓮葉草)
別名 ハッカクレン(八角蓮)
学名 Podophyllum versipelle
科名・属名 メギ科  ポドフィルム属
分布 中国の長江流域各省に分布
花期 4月下旬~6月上旬
特徴

中国の林床に生える高さ50~100㎝の大型の落葉性の多年草。

太い茎の先端に大きな葉を2枚広げ、葉の下に赤褐色の抱え咲きの花を数輪咲かせます。

2枚の葉のつけ根部に花が咲くものを「タイワンハッカクレン」、茎の途中に咲くものを「チュウゴクハッカクレン」と呼び分けられているようです。

全草を薬用にする。

育て方

2から3年に一度赤玉土4、軽石砂4、腐葉土2の混合用土に、3月か11月に植え替えます。

春はよく日に当て、夏は明るい日陰で管理し、4月初めと9月下旬ころに、置き肥をします。


ハスノハグサの流通名ハッカクレンは中国名「湘南八角蓮」という

日本で流通する湘南八角蓮は、湖南八角蓮を誤記したものが伝えられているというが、園芸愛好家に人気がありハッカクレンの名前で展示しているのを多く見受けられます。

その後、2枚の葉のつけ根部に花が咲くものを「タイワンハッカクレン」、茎の途中に咲くものを「チュウゴクハッカクレン」と呼び分けられているということが分かりました。

私も山野草の愛好会に入っていますので、展示するのを見ますと様々な種類のものが出品されているのを見てもわかるように、園芸品種も多いらしく正確に把握するのは難しいようです。


花の色も異なったものがあり、背丈も葉の形もいろいろとあるようです。

この株は山野草会の会員が増やしたものをいただいたものですが、背丈が1mくらいになる大きなもので、葉の形も八角形ではなく、愛好家がハッカクレンと呼んでいるものとは違うのではないかと思っています。

アメリカハッカクレン(亜米利加八角蓮)の特徴

アメリカハッカクレン

アメリカハッカクレン(亜米利加八角蓮) 2005年5月31日 撮影 日光植物園

アメリカハッカクレン

アメリカハッカクレン(亜米利加八角蓮) 005年5月31日 撮影 日光植物園

   
和名 アメリカハッカクレン(亜米利加八角蓮)
学名 Podophyllum peltatum
科名・属名 メギ科 ポドフィルム属
分布 北アメリカ原産
花期 4~5月
特徴

18~50cmの北米原産の多年草。

森の乾燥した区域に生えることが多い。

葉の切れ込みが深い大きな葉の下に白い花が咲きます。

全草を薬用にする。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク

-春の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.