山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

秋の花・山野草の育て方

オンシジュウム(Oncidium Sweet Sugar 'Yellow King')の育て方

投稿日:2017年2月11日 更新日:

オンシジューム

オンシジュウム(Oncidium Sweet Sugar 'Yellow King')は、中南米の熱帯・亜熱帯地域に広く分布するランの仲間で、様々な品種があるようですが、比較的育てやすい品種が流通しているようです。

私は小型の花の咲いている小さな鉢植を購入して10数年栽培しています。あまり手をかけることなく育てていますが毎年可憐な花を見せてくれます。

洋ランはいろいろ育てていたのですが、現在は、オンシジュウムとレリオカトレア エンジェルラブ ‘ピンキー’( Laeliocattleya Angel Love 'Pinky')を残して育てています。

上のオンシジュウム(Oncidium Sweet Sugar 'Yellow King')は、自宅で2015年12月20日に撮影した花です。


スポンサーリンク


オンシジュウム(Oncidium Sweet Sugar 'Yellow King')の特徴と育て方

オンシジュウム

オンシジュウム(Oncidium Sweet Sugar 'Yellow King') 2007年5月7日 撮影 栽培品


       
和名 オンシジュウム(Oncidium Sweet Sugar 'Yellow King')
学名 Oncidium Sweet Sugar 'Yellow King'
科名・属名 ラン科 オンシジュウム属
分布 中南米の熱帯・亜熱帯地域
花期 冬~春
特徴

中南米の熱帯・亜熱帯地域に広く分布するランの仲間です。

多くの種類は育てやすく、咲かせやすい洋ランです。

自生する環境は低地~標高3500mの高地と種によって様々で、姿形も変化に富みます。

株元の茎が大きく肥大する、薄葉系が育てやすいようで出回っています。

オンシジュウム(Oncidium Sweet Sugar 'Yellow King')はかなり前から育てているので、古い品種かと思いますが薄葉系でとても育てやすい品種です。

加温栽培はしていないので、その年の気候によって、冬から春にかけて咲きます。

育て方

かなり小形の品種で、花の咲いている小さな鉢植えを購入して10数年栽培しています。

冬は最低5℃以上を保つ必要があるので、冬は暖房のない二階の明るい家の中に取り込んで置き、乾いて数日過ぎてから水やりをしています。

植え替えは4~5月で、ラン鉢を用い、軽石とヤシ殻チップ、バークチップの混合用土を使い、マグアンプK 中粒と大粒を、根に触れないように入れて植え込みます。素焼きの鉢にミズゴケで植えることが多いようですが、私はミズゴケ植えが苦手なのでミズゴケ植えはしていません。

5月頃に固形肥料を少量与え、冬と夏を除いて1ヶ月に2~3回水肥を水代わりにやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

水は成長期には表面が乾いたらやり、それ以後は乾いて~2~3にたってからやれば良いようです。

春から秋は戸外の風通しの良い日向で、夏は日陰で涼しく育てます。わが家はポリカーボネートの波板の屋根下で、遮光ネットを利用して光を調節して育てています。

オンシジュウム(Oncidium Sweet Sugar 'Yellow King')まとめ

オンシジュウム

オンシジュウム(Oncidium Sweet Sugar 'Yellow King') 2003年11月12日 撮影 栽培品


オンシジュウムは育てやすいランの仲間です。しかし冬は最低5℃以上を保つ必要があるので、明るい家の中に入れるなどの対策は必要です。

夏の高温多湿は嫌いますので、ぶら下げるなどして、涼しい日陰で風通しよく管理する必要があります。



スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-秋の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.