山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

秋の花・山野草の育て方

アワコガネギク(泡黄金菊)の育て方

投稿日:2015年2月6日 更新日:

アワコガネギク

アワコガネギク(泡黄金菊)は、本州(岩手県~近畿地方)、九州北部の山麓のやや乾いた崖などに生える1~1.5mの多年草です。

野菊と呼ばれる野生の菊で、比較的遅い時期に花を咲かせるので、花がなくなった時に咲く貴重な花です。

上のアワコガネギクは、自宅で2012年11月22日に撮影したものです。

スポンサーリンク

アワコガネギク(泡黄金菊)の特徴と育て方

和名 アワコガネギク(泡黄金菊)
学名 Chrysanthemum boreale
科名・属名 キク科  キク属
分布 本州(岩手県~近畿地方)、九州北部
花期 10月~12月
特徴

山麓のやや乾いた崖などに生える1~1.5mの多年草。

茎は叢生し、上部には白い軟毛が多い。

葉は長さ5~7㎝の広卵形で羽状に深裂し、裂片の先はとがっています。

私は自生のアワコガネギク(泡黄金菊)は見たことがなく、この株はいただいたものなので確定できないでいるが、地下茎は長く伸びない。

育て方

年間を通して風通しの良い日向で育て、鉢植えの場合は表面が乾いたら水をやり、地植えのものは余程乾かない限り水やりの必要がない。

うどんこ病、黒斑病、褐斑病、黒斑病、褐斑病になると焦げ茶色から黒い斑点ができるし、アブラムシを始めダニなどの害虫もつきやすいので気を付けて消毒をします。

鉢植えは毎年植え替えるが、地植えの場合は植え替えないでもよいが、花が終わったら、花殻を摘んでおかないと雑種が増えてしまい親株が消えることになりかねません。

菊の仲間は交雑しやすいので、交配株ができないように気を付けています。

アワコガネギク(泡黄金菊)について

アワコガネギクは名前を聞いたことがあるものの本物は見たことがないので、アワコガネギクと名前の付いたものをいただいたので、アワコガネギクにしていますが、本物なのか自信がありません。

栃木県在住の私は黄色の野菊が自生しているのを見たことがないので、この近辺に自生しているかどうかは分かりません。

この近辺でよく見かけるのはノコンギクが多く、シロヨメナ、ユウウガギク、カントウヨメナなどを見かける程度ですが、野菊類の同定はとても難しく、いつも苦労しています。

 

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク

-秋の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.