山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

アメリカテマリシモツケ ’ルテウス’の育て方

更新日:

アメリカテマリシモツケ ’ルテウス’

アメリカテマリシモツケ ’ルテウス’は、北アメリカ原産のアメリカテマリシモツケ園芸品種で、葉が黄色になる落葉低木です。

樹高は2~3mで、黄金色の葉が美しいコデマリで、金葉小手毬(キンバコデマリ)の名で呼ばれます。

ある程度成長すると自然に樹形が整い、、病害虫も少ないことから手入れの楽な庭木として楽しめます。

上のアメリカテマリシモツケ ’ルテウス’は、自宅で2011年5月19日に撮影した花です。

スポンサーリンク

アメリカテマリシモツケ ’ルテウス’の特徴と育て方

           
和名 アメリカテマリシモツケ ’ルテウス’
別名 金葉小手毬(キンバコデマリ)
学名 Physocarpus opulifolius cv. Luteus
科名・属名 バラ科 テマリシモツケ属
分布 北アメリカ
花期 5~6月
特徴

基本種はアメリカ手毬下野(アメリカテマリシモツケ)で、アメリカテマリシモツケの黄金品種。

樹高は2~3m、葉は幅の広い卵形で、互生。

葉の縁は3~5に切れ込み鋸歯があります。

本種は若葉が黄色ないし緑黄色になり、美しい。

枝先に手毬状の散房花序を出し、白い小さな5弁花をつけます。

若木のうちは多数の枝が伸びて樹形が整いませんが、大きくなるにしたがって、丸い樹形となります。

幹の樹皮がはがれるため、独特の趣があります。

別名を金葉小手毬(キンバコデマリ)ともいう。

育て方

日当たりと水はけがよければ、土質は選ばず丈夫です。

鉢植えの場合は赤玉土を主に腐葉土3くらいを混ぜた土に3~4月又は10~11月に植え付け又は2~3年に1度植え替えます。

地植えは、日当たりの所に、根鉢の2倍の深さと幅を掘り、腐葉土や軽石を混ぜて水持ち良く水はけよく植えます。植え付け後にたっぷりと水をやります。

鉢植えは表面が乾いたらたっぷり水をやりますが、庭植はよほど乾かない限りは必要ありません。

肥料は1~2月頃に寒肥を施すほかは、花後に、お礼肥として油かすなどを少量施す程度です。

剪定は、開花後に花が咲いた枝を切り詰め、樹形が乱れた時や、風通しが悪くならない程度に不必要な枝を切ります。低木ですが年数が過ぎると事前にまとまります。

鉢植えは花後に咲いた枝を切り取り、伸びた枝を適当に摘んでおく程度で樹形がまとまります。

殖やすのは挿し木が良いようです。庭植の場合は、根元から出てきた枝を植えれば成長が早いです。

アメリカテマリシモツケ ’ルテウス’まとめ

病害虫も少なく、乱れた枝を切るくらいで、自然に形が整うので、庭木として手入れが楽な落葉低木です。

春の芽出しが黄金色でとてもきれいです。


山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-庭木や盆栽の花木・実物の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.