山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

秋の花・山野草記事

秋の七草のフジバカマが咲く

更新日:

フジバカマ

フジバカマ 2013年10月4日 撮影

秋の七草の「ハギ・キキョウ・クズ・ナデシコ・オバナ(ススキ)・オミナエシ・フジバカマ」なかの一つですが、わが家のキキョウ、ナデシコ、オミナエシの花は終わってしまい、現在咲いているのはフジバカマだけです。

オバナ(ススキ)に次いで地味な花ですが、秋の七草に似合うように、秋に咲いてくれてとても素敵な名前を持った花です。

源氏物語にも出てくる藤袴ですので昔からなじみの深い野草だったのでしょう。

スポンサーリンク

フジバカマの野生種は見られない

フジバカマ

フジバカマ(藤袴) 2003年9月24日 撮影 栽培品

川沿いの湿った草原やまばらな林に見られ、繁殖力が旺盛で大株になるのですが、現在の日本には自生に適した環境が少なくなったため激減し、絶滅危惧種となっているようです。

わが家では庭のあちこちに種から芽生えて咲いていますが、大株になるとほかの物が枯れてしまうので、鉢に上げてしまいます。

それでも毎年芽生えるのですから、種は零れているようです。そのくらい繁殖力のある野草さえ絶滅危惧種になっているのですから、現在の日本の自然は崩壊しているようです。

良く似た花のヒヨドリバナヨツバヒヨドリなどは山に行けばかなりみられる花ですが、なぜフジバカマ見られなくなってしまったのだろうかと思ってしまいます。

決してフジバカマが弱い花でないのに見られなくなってしまったのは、山に咲く花でなく野の花だった故に開発に巻きこまれたことが大きいのではないかと思っています。

わが家は種が飛ばされて芽生え、庭のあちこちに秋を告げるようにひっそりと咲いています。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-秋の花・山野草記事

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.