山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

秋の花・山野草記事

キヨスミコンギク(清澄野紺菊)は清澄山で見つけたノコンギク

投稿日:2013年11月2日 更新日:

キヨスミコンギク

キヨスミコンギク  2013年10月24日撮影

キヨスミシラヤマギクと書いてある苗をいただきましたが、この花は千葉県清澄山で見つけたノコンギクもしくはノコンギクとシロギク系の雑種と思われるものと言う事でした。

スポンサーリンク

優しい色合いのキヨスミコンギク(清澄紺菊)

キヨスミコンギク

石黒ゆり子さんから「やまくさの富沢さんが譲り受け、赤い軸や葉と藤色の花との対比がとても美しく、観賞価値が高いので「清澄山のノコンギク」を略してキヨスミコンギクとして販売を開始したものと「彩の華日記」に書いてあります。

私も野菊のことは難しくてわからないので、シラヤマギクとは葉の感じがずいぶん違っているとは思いながらも育てていましたが、言われてみればノコンンギクというにふさわしいものです。

山野草会の展示会でも「キヨスミシラヤマギク」と展示しているのを見かけたことがあり、その方からは、どこかの山野草会で販売しているものを求めたと言う事お聞きしたので、「キヨスミシラヤマギク」という名前はそのようにして広まっていったもののようです。

野山では今でもたくさんのノコンギクが見られて、色も淡いものから濃いものまで有り、花弁の趣も違ったものを見ることができますが、このような可憐な色合いのノコンギクとは出会えないことから、交雑しやすいキク科のノコンギクから生まれた素晴らしい変種なのだろうと思って大切に育てています。

発見されて、それほどの年月が過ぎているとも思えないのに趣味家の間ではかなり出回っているのは、増えやすい品種であることが大きいのだろうと思っています。

キヨスミノコンギクは、ノコンギクよりも花が小さく、白地に藤色を帯びた色合いがとっても優しい美しさを醸し出しています。

わが家もキク科の植物が交配して咲いていますので、花が終わったら摘み取って挿し芽や株分け以外は増やさないように気を付けたいと思っています。

ノコンギク

ノコンギク 2013年11月10日 撮影


スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-秋の花・山野草記事

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 All Rights Reserved.