山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

種まき

エゾオオサクラソウの播種からの記録

投稿日:2015年4月9日 更新日:

エゾオオサクラソウ

学名: Primula jesoana var. pubescens

分布:  北海道と朝鮮半島

上のエゾオオサクラソウの写真は釧路湿原で写したものです。

発芽率は悪くないのですが、少し育つと、関東地方の夏を越すのが難しく、葉やけをして育たなくなってしまいました。

種からの栽培を始めたばかりで、かなり木を使いましたが、花は見ることが出来ませんでした。そのような苦労の写真記録を載せています。


スポンサーリンク


エゾオオサクラソウの播種からの記録

ezooosakurasou4.9
2004年5月17日撮影

2004年3月12日、日光砂、山砂、蝦夷砂、富士砂、桐生砂などを混ぜた用土を水洗いして播く。

霜よけと風除けをした場所で乾燥しないように注意して管理した。

2004年4月15日に発芽を確認、風、霜を除けた軒下の日当たりで管理する。

発芽本数が少ないので、来春までこのままの状態で管理しようと思っている。

ezooosakurasou10.19
2004年10月19日撮影

移植をしないつもりだったが、結構育ち始めたので、6月7日3本を移植する。

梅雨無しの夏の暑さに向かってしまい、移植したもののうち2本が何とか残ってくれた。

今年はほとんど成長しないで冬を迎えそうなので、冬を越してくれることを願っている。

この画像はエゾオオサクラソウに紛れ込んだらしい別のものらしい。

エゾオオサクラソウは全部葉が枯れた状態。

ezooosakurasou4.9
2005年4月9日撮影

10月まで葉が残ったのは2本だったが、早くに葉の枯れたものも根が残っていて、7本くらいは植え替えることが出来た。

3月中旬葉の開く前に植え替えた。

用土は他の高山植物と同じように石系ばかりの混合、ケトダマを1割ほど入れた。

ezooosakurasou6.30
2005年6月30日撮影

上の写真から2ヶ月弱でここまで育った。

ポリカボネート屋根下の50%の寒冷紗の下でも7月に入って葉焼けがおきているので、もう少し遮光が必要かと考え始めている。


スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-種まき

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.