山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

種まき

タカネシオガマの播種から開花までの記録

更新日:

ヨツバシオガマ

上のヨツバシオガマ(四葉塩竈)は2005年8月4日に八方尾根で撮影したものです。

タカネシオガマ

 

学名: Pediculasis verticillata

分布: 本州の中部地方から北海道の高山帯に分布し、砂礫地や草地に生える1年草

タカネシオガマやヨツバシオガマはハマウツボ科・シオガマギク属で、半寄生の、多年草または1稔草なので、普通に種を播いたのでは育てることが出来ません。かなり高度の栽培技術を必要とする植物を播いてしまったことを後悔しましたが、貴重な経験をしたと思うことにしました。

タカネシオガマの播種から開花までの記録

takanesiogama
2004年4月24日撮影

2003年1月25日蝦夷砂、軽石、富士砂、桐生砂、硬質鹿沼土などを混ぜて水洗いした用土に播く。

冬は風除けと、霜よけをするために軒下の置き棚を波板で囲い、水を切らさないようにして管理したが発芽しなかったので、冬までは水を切らさないように日陰に置く。

2004年に播種した鉢と一緒に冬は管理した。

2004年3月12日3本の発芽を確認、朝日の当たる場所で管理、徐々に日照を増やし午前中くらいの日照にした。

秋までは何とか持っていたが、2005年には芽を出さなかった。

シオガマ属の植物は半寄生植物なので栽培はある程度の知識がないと難しいと思った。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-種まき

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.