山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然野中の花科名ーカ行

キブシ(木五倍子)の育て方

更新日:

キブシ

キブシ(木五倍子)は、北海道西南部~九州に自生するキブシ科 キブシ属の山地に生える雌雄異株の落葉低木で、高さ2~3mになります。

芽吹き前の山でキブシ(木五倍子)の花に出会うことがありますが、淡い黄色の粒粒の花が下がっているのを見ると嬉しくなります。

山野草会の友達が、キブシを挿し木し、丈低く鉢植えやコケ玉を作っているのを見かけますが、挿し芽から簡単について、花をすぐにつけるのも嬉しい花木です。

上のエランテムム・ウォッティーは、2006年4月19日に尚仁沢遊歩道で撮影した花です。

スポンサーリンク

キブシ(木五倍子)の特徴

キブシ

キブシ(木五倍子) 2006年4月19日 撮影 尚仁沢遊歩道

         
和名 キブシ(木五倍子)
別名 マメブシ
学名 Stachyurus praecox
科名・属名 キブシ科 キブシ属
分布 北海道西南部~九州。日本固有種
花期 早春
特徴と育て方

高さ2~3mになる、山地に生える雌雄異株の落葉低木で、高さ2~3mになります。

樹皮は暗褐色で光沢があります。

葉は長さ6~12cm。花は早春、若葉より早く長さ4~10cmの穂を垂れ下げて咲きます。

土質は選ばず、日向から半日陰で育てることができますが、腐葉土などを混ぜて水はけよく高めに植えた方が好ましいようです。

剪定をすれば小さく育てることも可能です。開花株は3年で切るような感じで9月くらいに剪定をします。

挿し芽で活着し、小さな苗でも花が咲くので、鉢植えでも楽しめるようです。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然野中の花科名ーカ行

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.