山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

タカネビランジの育て方

更新日:

タカネビランジ

タカネビランジは、南アルプス特産で、高山帯の岩場に生えるナデシコ科 マンテマ属の多年草です。

種から育てたので、低地のの気候に適応したためか、高山植物のわりには育てやすい花です。

少し見分けにくいのですが、よく似た低山帯~亜高山帯の岩場に生えるオオビランジ、関東地方から長野の岩場に垂れさがるツルビランジがあります。

上のタカネビランジは、自宅で2005年6月26日に撮影した2003年11月9日播種の苗からの花です。

スポンサーリンク

タカネビランジの特徴と育て方

タカネビランジ

タカネビランジ茎 2005年6月26日 撮影 栽培品(2003年11月9日播種)

           
和名 タカネビランジ
学名 Silene keiskei var. akaisialpina
科名・属名 ナデシコ科 マンテマ属
分布 本州(南アルプス)、日本固有
花期 自生地:7~8月
特徴

高山帯の岩場に生える、南アルプス特産の多年草。

花は1~数個。花弁の弁状部は1.2~1.5cm、爪部は萼より長い。花柱は3個。淡紅色~紅紫色で花弁は2中裂します。

茎に下向きに曲がった毛があり、萼筒、花柄、苞に腺毛があります。

葉は長さ1.5~4cm。幅5~10㎜。萼筒は長さ1~1.2cm、10脈があります。

育て方

底穴の大きい深鉢を用い、鉢底に軽石などの大粒を入れた上に、元肥としてマグァンプK などの緩行性肥料を根に触れないように入れ、硬質鹿沼土を主に富士砂、軽石などの混合用土で植え込みます。

植え替えは早春か、花後の秋に行い、根が多い時は少しカットして株分けをかねて、なるべく毎年植え替えるようにしています。

真夏と冬を除いて1ヶ月に2~3回液肥を水代わりにやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

春と秋は日に当てますが、梅雨からはポリカーボネートの波板の屋根下で、長雨に当てないようにして、真夏は寒冷紗などで涼しく管理します。

水は表面が乾いたらやり、真夏は夕方に、鉢と鉢のまわりにたっぷりやって、夜間温度を下げるようにします。それ以外の季節は朝にやります。丈夫な性質ですが、水のやりすぎや乾燥させ過ぎには注意します。

殖やすには株分け、挿し木が良く、伸びた茎を、1~2対葉をつけて挿します。実生は、2月に播いてその年に開花しました。

タカネビランジまとめ

タカネビランジ

タカネビランジ茎 2005年7月3日 撮影 栽培品(2003年11月9日播種)

日光を好みますが、高温多湿には弱いので、梅雨の長雨には当てないようにして、夏は寒冷紗などで涼しく管理します。

殖やすのは植え替え時の株分け、挿し芽、種から殖やします。ナデシコ科なので、新しい苗を確保しておくと安心です。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草の育て方
-,

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.