山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

斑入りキンミズヒキ(金水引)の育て方|ヒメキンミズヒキ(姫金水引)

投稿日:2017年7月8日 更新日:

斑入りキンミズヒキ

キンミズヒキ(金水引)は、バラ科・キンミズヒキ属で、全国の道ばたや草地に生える多年草で高さ30~80cm、全体に毛が多いのが特徴です。

細長い黄色の花序をタデ科のミズヒキにたとえたものです。斑入りキンミズヒキを栽培していますが、育てやすく、ほとんど零れ種から生えてくるのを育てている感じです

斑がきれいなので、草物盆栽に寄せて使っていますが、植え替えなしで元気に育ちます。

仲間のヒメキンミズヒキ(姫金水引)は、山地の谷沿いなどに生える高さ40~80cmの多年草で、キンミズヒキより全体に細めで、花も小さくまばらにつきます。

上のキンミズヒキ(金水引)は2014年8月2日に自宅でで撮影したものです。

スポンサーリンク

斑入りキンミズヒキ(金水引)の特徴と育て方

キンミズヒキ

斑入りキンミズヒキ(金水引) 2014年8月2日 撮影 自宅

           
和名 キンミズヒキ(金水引)
学名 Agrimonia pilosa var. japonica
科名・属名 バラ科 キンミズヒキ属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 7~10月
特徴

道ばたや草地に生える多年草。高さ30~80cm。全体に毛が多い。

葉は奇数羽状複葉、小葉は5~9個で大小があり、裏面に腺点があります。

花は黄色で直径0.7~1cm。萼筒がよく発達し、萼片は5個。萼筒の縁にはカギ状の刺が多数あります。

細長い花序をタデ科のミズヒキにたとえたもの。

育て方

斑入りのキンミズヒキを育てていますが、日当たりを好むようで零れ種であちこちに生えていますが、殖えすぎるというほどでもないのは好む場所があるようです。

半日くらい日が当たり、あまり乾燥しないようなところが良いようです。

時々斑が抜けたものが出てくるので、それらは抜いて、斑入りだけを残しています。

肥料は春と秋に置き肥します。

草物盆栽に寄せて使うことが多いので、用土は桐生砂、硬質赤玉土と鹿沼土の混合用土を使い、植えるときに大粒のマグァンプK などの緩行性肥料を入れています。

花も素敵ですが、斑入りの葉がとてもきれいです。

斑入りも種から育てましたが、種から斑入りが出ています。

仙人ヶ岳、裏磐梯、八溝山のキンミズヒキ(金水引)

キンミズヒキ

キンミズヒキ(金水引) 2005年9月13日 撮影 仙人ヶ岳

キンミズヒキ

キンミズヒキ(金水引) 2007年8月5日 撮影 裏磐梯

キンミズヒキ

キンミズヒキ(金水引) 2003年9月30日 撮影 八溝山

ヒメキンミズヒキ(姫金水引)の特徴

ヒメキンミズヒキ

ヒメキンミズヒキ(姫金水引) 2006年9月29日 撮影 仙人ヶ岳

ヒメキンミズヒキ

ヒメキンミズヒキ(姫金水引) 2006年9月29日 撮影 仙人ヶ岳

         
和名 ヒメキンミズヒキ(姫金水引)
学名 Agrimonia nipponica
科名・属名 バラ科 キンミズヒキ属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 8~9月
特徴

山地の谷沿いなどに生える高さ40~80cmの多年草。

茎は細い。葉は3~5小葉の羽状複葉で、小葉は楕円形、鈍鋸歯があります。葉裏の腺点は少ない。

花は直径約5㎜。果時の萼筒も小さい。

ヒメキンミズヒキ

ヒメキンミズヒキ(姫金水引) 2005年9月2日 撮影 三国山

ヒメキンミズヒキ

ヒメキンミズヒキ(姫金水引)葉 2005年9月2日 撮影 三国山

ヒメキンミズヒキ

ヒメキンミズヒキ(姫金水引) 2003年9月14日 撮影 日光植物園



スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-夏の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.