スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’とイトバハルシャギクの育て方|オオキンケイギクの特徴

コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’は、コレオプシス・ロセアの園芸品種で、花色は濃いピンクで、花茎1.5cm位、高さ30cm位になります。

砂利がちなところに植えたところ、丈が詰まって倒れにくくなりました。

下に仲間のイトバハルシャギク特徴と育て方、キンケイギクの写真と特徴を載せています。

上のコレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’は、自宅で2004年7月6日に撮影した花です。

スポンサーリンク

コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’の特徴と育て方

コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’

コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’ 2006年7月23日 撮影 栽培品

           
和名コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’
学名Coreopsis rosea cv. American Dream
科名・属名キク科 コレオプシス属
分布北アメリカ中西部~中南米、ハワイ、熱帯アフリカ原産
花期6月~9月
特徴

コレオプシスはイトバハルシャギクやキンケイギクの仲間で、北アメリカを中心に80~100種が分布します。

‘アメリカン・ドリーム’は、イトバハルシャギクを小型にしたような草姿です。コレオプシス・ロセアの園芸品種で、花色は濃いピンクで、花茎1.5cm位、高さ30cm位になります。

落葉多年草。

育て方

日当たりの良い所に植えることが大切です。

耐暑性・耐寒性も強く生育旺盛なので、庭植では丈をのばすと倒れやすいので砂利混じりところに植えたところ丈が低く締まって咲くようになりました。

鉢植えでは、赤玉土の軽石の混合用土で、マグァンプK などの緩行性肥料を少量入れて植え込み、しっかり日に当てて育てると丈が低く咲きます。

寒さにも暑さにも強いので、花柄摘みをして、花が一段落したころに半分くらいの高さに刈り込むと、丈低く長く花を楽しめます。

コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’まとめ

コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’

コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’ 2005年7月7日 撮影 栽培品

コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’

コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’ 2004年7月15日 撮影 栽培品

コレオプシス・ロセア ‘アメリカン ドリーム’は、寒さにも暑さにも強い多年草なので、日当たりさえよければ花の少ない夏の季節にピンクの小さな花を長い間咲いてくれてとても嬉しい花です。

柔らかい用土に植えたところ倒れやすかったので、ロックガーデンの砂利がちなところに植えたところ小さく咲いて、少しは倒れますが、様になります。

イトバハルシャギク(糸葉春車菊)の特徴と育て方

イトバハルシャギク

イトバハルシャギク(糸葉春車菊) 2007年6月10日 撮影 栽培品

イトバハルシャギク

イトバハルシャギク(糸葉春車菊) 2007年6月10日 撮影 栽培品


           
和名イトバハルシャギク(糸葉春車菊)
学名Coreopsis verticillata
科名・属名キク科 コレオプシス属
分布北米
花期6~9月
特徴

落葉多年草(半耐寒性)。

花は濃黄~淡黄色で、舌状花は8枚、頭花の径は5cmほどで、散房状に集まって咲きます。

葉は線形あるいは糸状に分裂してたいへん細く輪生しています。

高さは90cmくらいになるが、矮性品種もあり、この花は矮性品種です。

ハルシャギクは葉が対生、幅広で、花が複色1年草などの点でかなり違います。

宿根コスモスの名で販売されている事もあるようです。

育て方

日当たりの良い所に植えます。

耐暑性は強いが耐寒性は少し弱いようです。

3月、5月、10月に、少量の固形肥料を置き肥します。

3月上旬~4月下旬か、10月上旬~11月中旬に植え替えます。

増殖は株分け、挿し芽で簡単に増えます。

わが家は植え場所がないので少し日陰になったことと寒さに弱いことが重なったのか枯れてしまいました。

種を採るか挿し芽をして鉢で寒さを防ぐことにより、毎年花が見ることが出来ると思います。

オオキンケイギク(大金鶏菊)の特徴と

オオキンケイギク

オオキンケイギク(大金鶏菊) 2003年7月18日 撮影 赤城山

オオキンケイギク

オオキンケイギク(大金鶏菊) 2004年9月10日 撮影 上三依水生植物園


         
和名オオキンケイギク(大金鶏菊)
学名Coreopsis lanceolata
科名・属名キク科 コレオプシス属
分布北アメリカ原産の帰化植物
花期6~8月
特徴

高さ30cm~70cmで多数束になり、葉は根生葉で荒い毛があります。

頭花5cm~7cm、舌状花で橙色。

北アメリカ原産の帰化植物で、明治の中頃に渡来し観賞用に植えられていたものが野に逃げ出したもの。

海岸や河川敷などに大群落をつくっています。

コスモスのような姿で花の色が橙黄色、筒状花も同じ色をしています。

舌状花の先は不規則に4~5裂します。

キンケイギクとは筒状花が紫褐色であることで区別します。

フラボン色素をふくんでおり、石鹸などのアルカリ性で赤く変色してしまいます。

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-夏の花・山野草の育て方
-