山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

アカバナワタの育て方|フヨウ属のオクラとハイビスカス、アルテア属のタチアオイの特徴

更新日:

アカバナワタ

アカバナワタは、熱帯アジア~オーストラリア北部原産のアベルモスクス・モスカータスの亜種ツベローサス ‘ポンティナムレッド’に当たります。

トロロアオイモドキは黄色の花が咲きますが、ハイビスカスに似た赤い花を咲かせます。多年草なのですが、寒さのために冬に枯れてしまうために日本では1年草扱いになったいます。

アオイ科のフヨウ属のオクラとハイビスカス、アルテア属のタチアオイの特徴と写真を下に載せています。

上のアカバナワタは、自宅で2006年8月11日に撮影した2004年9月に播種した苗からの花です。

スポンサーリンク

アカバナワタの特徴と育て方

           
和名 アカバナワタ
学名 Abelmoschus moschatus subsp. tuberosus
科名・属名 アオイ科 アベルモスクス(トロロアオイ)属
分布 熱帯アジア~オーストラリア北部原産
花期 7~9月
特徴

原産地では多年草になっていますが、日本では寒いために枯れてしまうので1年草扱いになっています。

茎は分枝してよく広がり、葉は掌状に深く5裂します。

花径7~8㎝。草丈50㎝くらい。

この仲間としては丈が低く花とのバランスも良い。

育て方

寒さに弱いので、日本では春に種を播いて1年草として育てます。暖かいところが原産なので、種をまいた苗は家の中で保護します。暖かくなった4月中旬に播いても良いようです。

植え付け用土は赤玉土を主体に軽石、腐葉土などの混合用土にマグァンプK などの緩行性肥料を根井殖えないように入れて植えます。地植えの場合は腐葉土などを混ぜて、元肥を入れて植えます。

春からは日光に良く当てて管理します。肥料も時々施します。

苗がある程度育ったら摘心すると枝分かれして、花が多く咲きます。暖かい地方でしたら、翌年も芽が出るのでしょうが、我が家は枯れてしまいました。

増殖は種まきで殖やします。

アカバナワタまとめ

アカバナワタは種をいただいて育てましたが、種の名前が違っていたので名前調べに苦労しました。沢山の種をいただけたときで、花が咲いてから名前調べをするという考えられないような育て方をしていた時期のことです。

アカバナワタは多年草だが、寒さに弱いために1年草扱いになっていること、トロロアオイモドキの亜種になっていることなど後で知りました。

トロロアオイの黄色の花は近所で栽培しているのを見たことがあるので、仲間の花だと知り、納得しました。

夏の暑い時期には、あまり花のない我が家で、鮮やかな花が咲いてくれたことは嬉しいことでした。

オクラの特徴

オクラ

オクラ 2003年8月13日 撮影 散歩道

         
和名 オクラ
学名 Abelmoschus esculentus
科名・属名 アオイ科 フヨウ属
分布 東北アフリカ原産
花期 6~7月
特徴

花径7~8cm。高さ1~2m。

明治初期に渡来した野菜。

花が終わってから若い果実を食用にします。

観賞用の品種もあります。

ハイビスカスの特徴

ハイビスカス

ハイビスカス 2003年12月8日 撮影 井頭公園(熱帯生態館)

ハイビスカス

ハイビスカス 2003年12月8日 撮影 井頭公園(熱帯生態館)

         
和名 ハイビスカス
別名 ブッソウゲ(仏桑花)
学名 Hibiscus
科名・属名 アオイ科 フヨウ属
分布 世界の熱帯・亜熱帯
花期 7~9月(温室では通年)
特徴

花径約10cm、高さ2~3m。

日本には江戸時代初期に渡来しました。

ハワイ島の花として知られ、3000種以上もの品種があります。

タチアオイ(立葵)の特徴

タチアオイ(立葵)

Abelmoschus moschatus subsp. tuberosus 2003年6月16日 撮影 散歩道


         
和名 タチアオイ(立葵)
別名 ホリホック
学名 Althaea rosea
科名・属名 アオイ科 アルテア属
分布 中国、西アジア、東欧
花期 6~7月
特徴

花径約10cm、高さ1~2m。

室町期に渡来した二年草で広く栽培されています。

一重咲き、八重咲き、花弁に切れ込みのあるものや波状のものがあります。

昔からよく見る花で、夏の風物詩になっています。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.