山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草記事

ヨーロッパの高山からシベリアが原産地というヒメヤツシロソウが今年も咲いた

ヒメヤツシロソウ

ヒメヤツシロソウ  学名:Campanula glomerata var. acaulis  2007年6月18日 撮影

ヒメヤツシロソウは、草丈20~40㎝の多年草で濃青紫色の花が集まって咲くきれいな花ですが原産地についてはあまり詳しいことがわかりませんでした。

九州の山野にまれに生える多年草で、高さ40~80cmになるヤツシロソウがの学名が Campanula glomerata var. dahurica であり、ヒメヤツシロソウの学名が Campanula glomerata var. acaulis であることから、どちらも Campanula glomerata の変種と言う事になります。

スポンサーリンク

ヨーロッパの高山からシベリアが原産地と聞くヒメヤツシロソウ

九州に自生するというヤツシロソウの苗をいただいて育てたことがありますが、これは50~100cmくらいは丈が伸びて茎の頂とと葉腋にだんだんに花が咲きました。

とても心残りでしたが、数年間花が咲きましたが、だんだん弱って絶えてしまいました。

Campanula glomerata は、ヨーロッパの北部を除いてほとんどどこにでも自生していると言う事です。

Campanula glomerata とよく似た花を名前も分からないままに、30年も前に栽培していたことがありますがこれも園芸品種だったのかもしれません。

葉の形も株の大きさもとても似ていましたし、良く殖える多年草でしたのでとても不思議な思いをしています。

そしてそれを小型化したようで、優しい雰囲気を持っているのが、ヒメヤツシロソウです。

この花姿からヒメヤツシロソウは高山植物のような気がします。

海外のサイトを検索すると、ほとんどが庭に植えられていて、園芸品種のような雰囲気ですが、園芸品種としての長い年月が過ぎているのかもしれません。

シベリア原産のヤツシロソウは園芸化されて、さまざまな花があると言う事です。

洋種の場合、野草を扱っているお店から購入するものも原種なのか、園芸品種なのかよくわからないものが多いのもうなずけることです。

わが家では、ヒメヤツシロソウとシロバナヒメヤツシロソウの種を播きましたが、現在は紫色だけが残っています。

そして今年は、置き場所のためか、今迄見たことがないくらい淡い色の花が咲きました。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草記事

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.