山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草記事

イッスンキンカー屋久島原産の小さなキク科の植物

更新日:

イッスンキンカ

イッスンキンカ  学名:Solidago minutissima  2014年7月5日 撮影

屋久島原産のキク科 アキノキリンソウ属の高さ3~7cmにしかならないとっても小さな黄色の花がイッスンキンカです。

硬質赤玉土に桐生砂、軽石砂を混ぜたもので植えていますが、敏感な花でその年によりきれいに咲く年と、あまり成績が良くない年があります。

スポンサーリンク

屋久島原産の小さなキク科の植物イッスンキンカ

屋久島の植物はなぜ小さいものが多いのだろうかといつも思いますが、天候と関係が深いんでしょうか。

私も夏に一度だけしか行ったことがありませんが、海岸と山の天候の差にびっくりしたことがあります。

海岸は湿気が多くうだるような暑さであるのに比べて山に入ると、天候の変化が大きいのにびっくりさせられました。

すごい雨が振った後に晴れ間が見えたり、また降りはじめたりと、本土では考えらえないような気候の変化があるのにびっくりしました。

それが高山植物のような矮性に繋がっているのかと思ったりしていますが、果たしてどうなのでしょうか。

大きな杉がうっそうと茂っていて独特な雰囲気の山を歩きながら、このようなところもあるのだと不思議な思いでした。

北海道や本土の高山帯とも違った気候はとても神秘的だったのを覚えています。

こんなところに生えているのがイッスンキンカなのだと思います。

[amazonjs asin="414199135X" locale="JP" title="NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)"]

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草記事

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.