山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

草物盆栽・寄せ植え

2008年春の山野草の寄せ植え、鉢植え

投稿日:2015年2月2日 更新日:

チシマギキョウ

2008.05.03 撮影 チシマギキョウ

2007年に写した寄せ植えなどは写していないものも多いので、そちらも見ていただけたら嬉しい。

かなりの種類が毎年咲いてくれるが見栄えの良いものは同じようなものが多いので、変わり映えのしない草もの盆栽になってしまうようです。

新しく咲いた花を見るのも嬉しいが、大切に育てている花が今年も同じように咲いてくれたと思うのはとても嬉しいものです。

スポンサーリンク

2008年春の山野草の寄せ植え、鉢植え

クワガタソウ、ヤマネコノメ

2008.05.03 撮影 クワガタソウ、ヤマネコノメ、ショウジョウバカマ他

ヤシャゼンマイ、サクラソウ

2008.05.03 撮影 ヤシャゼンマイ、サクラソウ、ニッコウネコノメ他

オウゴンコデマリ

2008.05.03 撮影 オウゴンコデマリ、スナゴケ、イトラッキョウ

レウィシア コチレドン

2008.05.03 撮影 レウィシア コチレドン

レウィシア コチレドン

2008.05.03 撮影 レウィシア コチレドン



スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-草物盆栽・寄せ植え

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.