山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

種まき

種から育てて開花した花たち(2006年-2)

投稿日:2015年4月17日 更新日:

種を播き始めて3年目になり、2003年に種を播いたものも3年目の苗からの花も見ることが出来ました。

雪割草、セツブンソウなどを代表として3年目に開花する山野草も多いことから楽しみな年になりました。

続けてたくさんの種を播き続けていますので、2006年も多くの初花と出会うことが出来ました。

かなり多くなりましたので、200年も2ページに分けています。

スポンサーリンク

種から育てて開花した花たち(2006年-2)

hosobahaguma

ホソバハグマ  2006.12.15 撮影  2006年1月播種

nanbanhakobe

ナンバンハコベ 2006.09.09 撮影  2005年10月播種

sirenesakurakomati

シレネ サクラコマチ 2006.09.22 撮影  2006年6月9日播種

mizohouzuki

ミゾホオズキ 2006.09.19 撮影  2004年10月播種

komatirindou

コマチリンドウ 2006.08.31 撮影  2005年10月播種

ogurasennou

オグラセンノウ 2006.08.21 撮影  2006年1月播種

oosennnari

オオセンナリ 2006.08.21 撮影  2005年播種

bontenka

アベルモスクス モスカータス 亜種 ツベローサス ‘ポンティナムレッド’ 2006.08.15 撮影  2004年9月播種

kibanaberupurawa-1

カンパニュラ シルソイデス 2006.08.08 撮影  2004年1月播種

usitakisou

ウシタキソウ 2006.08.02 撮影  2005年10月播種

kooniyuri

コオニユリ 2006.07.28 撮影  2004年1月播種

ooyamanohakobe

オオヤマハコベ2006.07.23 撮影  2005年10月播種

yamanokogirisou1

ヤマノコギリソウ 2006.07.23 撮影  2004年12月播種

huirihimetukimisou

斑入り姫ツキミソウ 2006.07.23 撮影  2006年1月播種

onirurusou

オニルリソウ 2006.06.25 撮影  2005年10月播種

kusaredama

クサレダマ 2006.06.25 撮影  2004年12月播種

Symphyandrawanneri

シンフィアンドラ・ホフマニイ 2006.06.25 撮影  2004年10月播種

hotarubukurosiro

ホタルフクロ(白花) 2006.06.6.21 撮影  2004年10月播種

kibananoyamaodamaki

キバナノヤマオダマキ 2006.06.21 撮影  2004年10月播種

yakusimakonasubi

ヤクシマコナスビ 2006.06.06 撮影  2005年7月播種

musyarindou1

ムシャリンドウ 2006.06.04 撮影  2004年10月播種

Campanulasartorii

カンパニュラ・サルトリー 2006.05.17 撮影  2005年3月播種

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク

-種まき

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.