スポンサーリンク

自然の中の花科名―マ行

ヌスビトハギ(盗人萩)とアレチヌスビトハギ(荒れ地盗人萩)

ヌスビトハギ

ヌスビトハギ(盗人萩)は、マメ科・ヌスビトハギ属で日本全土の平地から山地の草地や道ばた、林縁などに生える、高さ0.6~1.2mの多年草です。マメ科植物特有のあまり目立たない花を咲かせます。

仲間のはアレチヌスビトハギ(荒れ地盗人萩)は北アメリカ原産の帰化植物で、比較的近年入ってきた帰化植物で、西の地方に多いが東京湾の埋立地などにも見られます。花はヌスビトハギより大きくきれいな花であることで区別できます。

上のヌスビトハギ(盗人萩)は、2005年9月13日に仙人ヶ岳で撮影したものです。

スポンサーリンク

ヌスビトハギ(盗人萩)の特徴

ヌスビトハギ

ヌスビトハギ(盗人萩) 2004年9月10日 撮影 上三依水生植物園

ヌスビトハギ

ヌスビトハギ(盗人萩) 2004年9月10日 撮影 上三依水生植物園

         
和名ヌスビトハギ(盗人萩)
学名Desmodium podocarpum subsp. oxyphyllum
科名・属名マメ科 ヌスビトハギ属
分布日本全土
花期7~9月
特徴

平地から山地の草地や道ばた、林縁などに生える、高さ0.6~1.2mの多年草。

葉は小葉からなり、頂小葉は長さ4~8cm幅2.5~4cmの卵形~長卵形。

花は細長い花序にまばらにつき、淡紅色で長さ3~4㎜。

果実の形をしのび足で歩く盗人の足の形に見立てたというが、異説もあります。

ヌスビトハギ

ヌスビトハギ(盗人萩) 2006年9月29日 撮影 仙人ヶ岳

ヌスビトハギ

ヌスビトハギ(盗人萩) 2003年9月30日 撮影 袋田

ヌスビトハギ

ヌスビトハギ(盗人萩) 2007年8月5日 撮影 裏磐梯

アレチヌスビトハギ(荒れ地盗人萩)の特徴

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ(荒れ地盗人萩) 2003年9月17日 撮影 散歩道

         
和名アレチヌスビトハギ(荒れ地盗人萩)
学名Desmodium paniculatum
科名・属名マメ科 タンキリマメ属
分布北アメリカ原産の帰化植物
花期7~9月
特徴

茎は高さ1mほどで、開出毛が多い。

葉は3小葉からなり、小葉は長さ5~8cm、幅2~4cmで両面に伏毛が密生します。

花は帯青紫色で、長さ7~8㎜とヌスビトハギよりやや大きい。

果実は5~6個の小節果からなり、小節果は長さ約7㎜。

比較的近年入ってきた帰化植物で、西の地方に多いが東京湾の埋立地などにも見られます。

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-自然の中の花科名―マ行
-