山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーア行

カラムシ(茎蒸)、メヤブマオ(雌藪苧麻)を比較ーヤブマオ属

カラムシ

カラムシ(茎蒸)は、本州、四国、九州、沖縄の人里近くに多い高さ1~2mの多年草で、和名は茎を蒸して皮を剥ぎ、繊維をとることによります。繊維は長くて丈夫なので、昔から上質の織物がつくられ、現在でも福島県の昭和村はカラムシ織の産地となっています。

メヤブマオ(雌藪苧麻)は、同属の山野の林内に生える高さ1mの多年草で、葉の基部は切形で、縁には粗い鋸歯があり、両面とも短毛があることから区別できます。

イラクサ科・ヤブマオ属には、アカソ(赤麻)、コアカソ(小赤麻)などがあり、とてもよく似ているので、区別点などを書いています。

上のカラムシ(茎蒸)は、2005年10月12日に名草巨石群近辺で撮影したものです。

スポンサーリンク

カラムシ(茎蒸)の特徴

カラムシ

カラムシ(茎蒸)雌花序 2005年9月13日 撮影 仙人ヶ岳

カラムシ

カラムシ(茎蒸) 2005年9月13日 撮影 仙人ヶ岳

         
和名 カラムシ(茎蒸)
別名 マオ、クサマオ
学名 Boehmeria nipnonivea
科名・属名 イラクサ科 ヤブマオ属
分布 本州、四国、九州、沖縄
花期 7~9月
特徴

人里近くに多い高さ1~2mの多年草。

茎や葉柄に短毛が密生します。

葉は互生、長さ10~15㎝の広卵形で、先は尾状に尖り、ふちに大きさのそろった鋸歯がある。表面はざらつきます。

雌雄同株。雄花序は茎の茎の下部につき、雌花序は茎の上部につきます。

和名は茎を蒸して皮を剥ぎ、繊維をとることによります。

この繊維は長くて丈夫なので、昔から上質の織物がつくられ、現在でも福島県の昭和村はカラムシ織の産地となっています。

カラムシ属は雑種ができやすいようで、形態的な変化が多く、分類の難しいグループのようです。

メヤブマオ(雌藪苧麻)の特徴

メヤブマオ

メヤブマオ(雌藪苧麻) 2006年9月28日 撮影 仙人ヶ岳

         
和名 メヤブマオ(雌藪苧麻)
学名 Boehmeria spicata
科名・属名 イラクサ科 ヤブマオ属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 8~10月
特徴

山野の林内に生える高さ1mの多年草。

葉は対生し長さ10~20㎝の卵円形で薄く、先が浅く3裂するものが多い。葉の基部は切形で、縁には粗い鋸歯があり、両面とも短毛があります。

雌花序はヤブマヨより細く、雌花の集団はやや離れて付く。


山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然の中の花科名ーア行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.