山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

心の散歩道

思い起こすこと

イトラッキョウ

平戸産イトラッキョウ

私の短歌の師である春日井 建先生が他界されて、まもなく6ヶ月が過ぎようとしています。

体調が優れないことは毎月発行される「結社誌」でも存じ上げていたが、最後まで講演などをなさっているご様子にどこか安心感のようなものを持っていただけに、喪失感は大きいものでした。

建先生の精神性の豊かさ、他を許さない文学的な高さを知りえたことは、私にとって生涯忘れ得ないことです。

20年前に、「中部短歌会」に入会させていただいて、お母様の政子先生に添削をしていただくことにしました。

短歌を始めて間もない私の短歌にもあまり手を加えることなく、さりげなく書いて下さる一言が嬉しくて、やさしいお言葉に導かれながら、学んでいたのですが、先生が「もう添削はしなくてもよいでしょう。」と書いてくださったのにもかかわらず、再度お願いして数ヶ月は添削をしていただいたことも思い出されれます。

その中に「建もこんなことを言っていました」などとも書いてくださることもあり、とても嬉しかったのを覚えています。

建先生主幹の「中部短歌会」は自由な気風に満ちていて、建先生の歌集「未成年」を読んで入って来られる若い方も沢山おられ、刺激を受けることの多い結社でした。

建先生の歌集「白雨」「友の書」が迢空賞と日本歌人クラブ賞を受けられたのを見届けられ、政子先生は平成13年12月享年94歳11ヶ月で心不全でご逝去、建先生より2年5ヶ月早く旅立たれていました。

その歌集に収められている、お母さまを詠んだ、次の2種は、お二人から受けたやさしいお心と、表現の自在さ、美しさを思い起こさせてくれるかけがえのない思い出深い歌となっています。


 

鴨のゐる春の水際(みぎわ)へ風にさえつまづく母をともなひてゆく


夏茜ついととびきて川の辺に杖つく母の先達(せんだつ)となる


2004.11.18 記

                                     

心の散歩道目次へ


山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-心の散歩道

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.