山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

心の散歩道

私の花遍歴

更新日:

ダリア

叔父が亡くなって、4年が過ぎてしまいました。

私の花遍歴はおおいに叔父が寄与しています。

私が小学校の高学年の頃に結婚して家を持った叔父は、ダリアや、グラジオラスのいろいろな品種を、通信販売で取り寄せては育てていました。

やはり、私の花好きを知っていたのだと思うが、欲しがった覚えも無いのだが毎年いろいろな球根や、花を分けてくれました。

それをどうとも思わず、教えられるままに植えると、毎年我が家の庭に、美しい花が咲くようになっていました。

それは、私が中学生くらいまでだったと思います。

その後結婚するまでは、気持ちが外に向いていて、山登りや旅行、映画などに夢中になっていたように思います。

丁度、私が結婚した頃に皐月ブームが起こり、一本の皐月の鉢植えを叔父から戴くことになりました。

新幹線も無い頃だったが、栃木県から宮城県まで大切に持ち帰ったのが晃山です。

翌年咲いた花は淡い月のような色をしていて、もう心が浮き上がるような気持ちでした。

それから挿し木をしたり、買い集めたりしているうちに、脳梗塞で倒れて療養中だった父が、やはり皐月を育て始め、血は争えず私以上に夢中になってしまっていました。

年に2回くらい帰る私に、お土産だと言っては皐月を買って待っていてくれ、10本くらいずつ何年かはもらってくるようになっていました。

その頃は車で帰っていたので、車に積めるくらい積んできていたので、我が家の庭は皐月でいっぱいになりました。

皐月の花は痛みやすいので、花時は家の中に皐月の花を入れて、私たちが小さくなって、皐月に占領されたような家に住むようになりました。

空前の皐月ブーム、ほとんどの人が何がしかの皐月を育てていたので、人伝に聞いて、知り合いの人が花を見に来るようにもなっていました。

小さな鉢ながら、一時は200鉢以上にもなってしまい、好きな人に持っていってもらうようなありさまでした。

それから30数年何度かの引越しにも何とか工夫しながら育ててきたのだが、今の家は前に住んでいた家に比べて庭も狭いし、皐月はどんどん大きくなり、私には持ち上げることさえ出来なくなってしまいました。

そうかと言って今まで育ててきた鉢植えを捨てるわけにも行かず、電話帳を頼りに引き取ってくれるところを捜し始めました。

皐月を育てていると言う業者の方は、最初は怪訝そうだったが、引き取ってくださると言うことになり、2002年9月8日、軽トラックを借りて、お嫁に出すような気持ちで皐月を乗せて隣町まで行き、引き取ってもらってきました。

これからは私たちの体力にあった、山野草の花を少しずつ増やしていきたいと思いながら・・・・

2002.09.18 記

                                                                        

心の散歩道目次へ

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-心の散歩道

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.