山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

種まき

キレンゲショウマの播種から開花までの記録

投稿日:2015年4月11日 更新日:

キレンゲショウマ

学名: Kirengeshoma palmata

分布: 紀伊半島、四国山地、九州山地

キレンゲショウマの播種から芽生え、開花までの様子を写真を入れて記憶しています。

10数年過ぎて大株になって、葉も傷まないようになって花が咲くようになりましたが、種を播いたころは庭木も小さく、日当たりが良すぎたために葉が傷んでいました。

現在は、木の下と寒冷紗を使ってきれいに花が咲くようになっていますが、写真に写すのは大変になっています。

詳しいことはキレンゲショウマ(黄蓮華升麻)の育て方に書いています。


スポンサーリンク


キレンゲショウマの播種から開花までの記録

kirengesyouma
2003年11月28日撮影

2003年3月11日桐生砂、蝦夷砂を主体に硬質の山砂を混ぜて、水洗いした土に播く。

霜よけと風除けをした場所で乾燥しないように注意し、3月中旬からは朝日が当たる場所で管理した。

少し遅い播種だったが4月13日に芽生えを確認、順調に生育する。

混んで芽生えたので、根に触れないようにマグアンプKを入れて7月1日仮植えをする。

沢山芽生えたので、手に入れた昔の瓦を砕いて底に入れ、山砂と腐葉土などをすき込んで、木陰になるような場所に植えた。

コナジラミがついてしまったが、鉢植えにした方が大きく育ったようだ。

冬篭り間近な苗の状態。

kirengesyouma1
2004年4月23日撮影

冬の間は上部は全部枯れてしまったが、4月に入ってからだろうか、新芽が伸びだし現在このような状態になっている。

キレンゲショウマは大型の野草なので葉もかなり大きくなっている。

kirengesyouma8.24
2005年8月24日撮影

2004年4月下旬鉢植えのものも一部地植え、残りは分けてあげる。

早いうちから蕾をつけていて、やっとこのくらいの大きさになったが、我が家は日陰がないのでこの先のことが心配。

まだ30センチ前後の丈だが、大きくなったら日光を防ぐ立ち木がないのである。

2010年現在

株もかなり大きくなり花もたくさんつけるようになっているが、暑さで花が傷んでしまうのがさびしい。

植え場所があまり良くないようなので、去年植え替えをした。今年の花が楽しみである。

kirengesyouma
2013年7月70日撮影
木陰に植えて株の上に寒冷紗をしたので、2013年、2014年にはキレンゲショウマが暑い夏にもきれいな花が咲き続けた。


by カエレバ
スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-種まき

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.