山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

種まき

種から育てて開花した花たち(2010年、2011年、2012年)

投稿日:2015年4月19日 更新日:

種から育てた花が殖えていくにしたがって、種まきも減らしてきたためと栽培数が増えたこと、初花が咲くころには植え替えなど作業も増えた為に写真の数が少なくなりました。

しかし、10年近くにいろいろな仲間の種を播いて、芽生えにくい山野草の種類なども分かってきましたし、種の保存の仕方によっても発芽が難ししくなることも分かってきました。

高価で販売しているところから購入した種がが全滅だったこともありました。


園芸品種と違って、発芽はさまざまな条件をクリアしないと成功しないことも分かってきました。

特に早春に花を咲かせるもの、キンポウゲ科のものなどは種が古くなると発芽しないことが多いので、ネット友達から採取したばかりの種を送っていただいたことはとてもうれしいことでした。

そのような善意でいただいた種から芽生えてずっと育っているものもたくさんあり感謝の念を禁じえません。

そのようにご厚意でいただく種、苗の更新のための自家採取の種を今でも播き続けています。


スポンサーリンク



種から育てて開花した花たち(2010年)

20100914_21276oowakunote

オオワクノテ  2010.09.14 撮影


R00100351086

ハマゴウ 2010.08.06 撮影  2006.01 播種 4年8カ月で開花


IMG_91231054kuwagata

アカイシミヤマクワガタ 2010.05.04 撮影  播種からの初花


IMG_903810410rebunhatazao

プリムラ プベスケンス  2010.04.10 撮影

レブンハタザオトいう種を播いたが、レブンハタザオという名前は見当たらない。 エゾノイワハタザオ?


110422_7375Primulaxpubescens4

プリムラ プベスケンス  2010.04.04 撮影  2007.03 播種 播種より3年で開花<プリムラ プベスケンス


IMG_91291054purimura

プリムラ プベスケンス  2010.04.04 撮影  2007.03 播種 播種より3年で開花


IMG_9084

2010.04.25 撮影  2007.03 播種 播種より3年で開花


IMG_9079

2010.04.25 撮影  2007.03 播種 播種より3年で開花


IMG_9086

2010.04.25 撮影  2007.03 播種 播種より3年で開花


IMG_24751001301

クリスマスローズ  20010.01.30 撮影  播種より3年


IMG_8704erodeimu12

エロディウム ペラルゴニフローラム  2010.03.14 撮影  播種から1年で開花


種から育てて開花した花たち(2011年)

110616_9696kusahanabi4

タリヌム・カリキヌム Talinum calycinum  別名 クサハナビ  2011.06.16 撮影

昨年も開花したが写真を撮れなかった。

110520_8489himesayuri1

ヒメサユリ  20011.05.20 撮影  播種より6年


110520_8611rakenaria

ラケナリア・コンタミナータ   20011.05.20 撮影


110510_7858Ranunculus
ラヌンクルス パルナシフォリウス  2011年4月10日撮影  播種より5年


110302_4407kurisumasuro-zu1

クリスマスローズ  2011.03.02 撮影  播種より2年



種から育てて開花した花たち(2011年)

120421_16021

カナダオダマキ‘リトルランタン’  Aquilegia canadensis 'Little Lanterns'

2012.04.21 撮影  2008年1月播種


120413_1189-4

アメリカタツタソウ Jeffersonia diphylla

2012.04.13 撮影2005年7月播種 7年


120413_1197-4

プルサティラ ハレリ  Pulsatill halleri  20012.04.13 撮影

播種より5年

スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-種まき

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.