山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

ツユクサ科

ヤブミョウガ

夏の花・山野草の育て方

2018/12/26

ヤブミョウガ(藪茗荷)の育て方

ヤブミョウガ(藪茗荷)は、本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄の深山の林内に生える山野の林内に生える高さ0.5~1mの多年草です。 葉はミョウガに似ていますが、白い小さな花はツユクサの花によく似ていて夏に涼しさを感じさせてくれます。 下に三毳山で写したヤブミョウガ(藪茗荷)を載せています。 上のヤブミョウガ(藪茗荷)は、自宅で2015年8月4日に撮影した2004年1月31日播種の苗からの花です。 スポンサーリンク ヤブミョウガ(藪茗荷)の特徴と育て方 ヤブミョウガ(藪茗荷) 2006年7月28日 撮影  ...

オオボウシバナ

夏の花・山野草の育て方

2019/1/2

オオボウシバナ(大帽子花)の育て方

オオボウシバナ(大帽子花)は、ツユクサの変種で大きな花が咲きます。ツユクサの花の色素は水につけると溶けてしまう性質があるため、それを利用して友禅の下絵を描くのに用いられたようです。 滋賀県草津市で栽培されていましたが、朝に開いて10時くらいにはしぼんでしまうために夏の間は時間に追われる仕事で大変だったようですが、現在は鑑賞用などに栽培されているようで、草津市の市の花に指定されています。 偶然に種をいただき花を見ることが出来たことを光栄に思っていると共に、貴重な花がいつまでも残ってくれることを願っています。 ...

メガネツユクサ

夏の花・山野草の育て方

2018/12/17

メガネツユクサ(眼鏡露草)の育て方|仲間のツユクサ(露草)の特徴

ツユクサ(露草)は、変異が大きいようで、メガネツユクサもそのひとつではないかと思います。 どこでも見られる花で、朝早く開花して、暑くなるとすぐにしぼんでしまう花ですが、とっても魅力的で、私は子供のころに花を折ってきて、小さな花瓶に挿しておいたところ、露を零してすぐにしぼんでしまい、切り花で鑑賞できる花でないことを知りました。 そんなツユクサの花の色素は水につけると溶けてしまう性質があるようで、それを利用して友禅の下絵を描くのに用いられた、変種で大きな花が咲くオオボウシバナが滋賀県草津市で栽培されていたよう ...

トラデスカンティア・シラモンタナ

秋の花・山野草の育て方

2018/12/27

トラデスカンティア・シラモンタナとコンメリナ・アフリカーナの育て方|仲間のオオムラサキツユクサ

トラデスカンティア・シラモンタナはメキシコが原産のツユクサ科 ムラサキツユクサ属の植物で、株全体が長い柔らかな毛で覆われ、白いベルベットのような質感が特徴です。 花が周年咲くので、観葉植物、寄せ植えなどに利用すると楽しいかもしれません。 冬も屋根下の戸外で栽培出来、水やりを忘れても数日で枯れることがないんで、忙しい方に楽しんでいただきたい植物です。 上のトラデスカンティア・シラモンタナは、自宅で2004年9月24日に撮影したものです。 スポンサーリンク トラデスカンティア・シラモンタナ(Tradescan ...

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.